" />

GF*BF

ill531.jpg



(原題:女朋友。男朋友 GF*BF 2012年/台湾 105分)
監督・脚本/ヤン・ヤーチェ 製作/イェ・ルーフェン、リウ・ウェイラン 撮影/ジェイク・ポロック 美術/リー・トゥンカン 編集/リャオ・チンソン、チャン・チャーホイ 音楽/ジョン・シンミン
出演/グイ・ルンメイ、ジョセフ・チャン、リディアン・ボーン、チャン・シューハオ、レナ・ファン、ティン・ニン

概要とあらすじ
戒厳令下にあった1985年に始まり、2012年にいたるまでの激動の台湾社会を背景に、男女3人の27年間にわたる友情と三角関係を描いた青春映画。台湾南部の高雄で生まれ育った高校生の美宝(メイバオ)、忠良(チョンリャン)、心仁(シンレン)の3人は、広がる社会革命への情熱に燃え、自由を手にしようと学生たちを煽って抗議運動を起こすなど、小さな抵抗を続けていた。やがてのどかな高雄の町を離れ、台北で大学生になった忠良と心仁は民主主義を訴えるデモや三月学運にも参加し、理想のために戦い続ける。地方で就職した美宝も、時間を見つけてはそんな2人と一緒に過ごしていたが、ある時、忠良が長い間隠していた秘密が明らかになり……。台湾のアカデミー賞とも言われる第49回台湾金馬奨でグン・ルンメイが主演女優賞を受賞。(映画.comより



GF*BF*LG*BTに幸あれ!

さてさて、すっかり見逃してしまっていた
『GF*BF』をやっと観ることができました。
順番は逆になってしまったけれど
『薄氷の殺人』グイ・ルンメイに悩殺された僕としては
観ないわけにはいかないのです。

若者の青春物語を通して激動の時代背景を描くといえば
『サニー 永遠の仲間たち(2011)』が思い浮かびますが
こちとら男女の三角関係を描いているので
余計にややこしいのです。
しかも、根っからの馬鹿なもんで
台湾の詳しい歴史を知らず、よくわからないところも多かったのですが
そのあたりは公式サイト
丁寧に解説してくれています。

冒頭、この時点ではよくわからない存在の双子の姉妹が中心となって
「私たちにも短パンをはかせろー!」という運動が起こります。
この「短パン・アピール」というのは、実際にあったのだとか。
ともかく、双子が世直し精神が旺盛なわけは
親の血を引き継いでいるからということはあとでわかります。

舞台は1985年。
高校生のメイバオ(グイ・ルンメイ)
チョンリャン(ジョセフ・チャン)シンレン(リディアン・ボーン)
仲良し3人組は、わりと呑気で楽しそうに見えますが
じつはこの時の台湾は戒厳令下。
言論の自由は制限され、深夜の外出も禁止されているのです。
いかにもじゃじゃ馬と呼ばれるに相応しいメイパオは
どう見たってチェンリャンのことが好きなのですが
チェンリャンのほうは煮え切らない態度。
なんなんだよ! こんな可愛い子にどんな不服があるんだよ!
と、イライラしますが
チョンリャンはゲイだったのでした。
メイパオではなく、後輩の女の子とチューしちゃうチョンリャンも
ジェンダーに苦しんでいたのです。

夜な夜な、ヘッドライトをつけて収穫しているのは
チョンリャンの実家で栽培している玉蘭(ギンコウボク)の花なんだとか。
メイパオがおそらく生理痛で苦しんでいるときに
チョンリャンがちぎって渡す葉っぱは楠の葉で
鎮静効果があるんだとか。

メイパオがチョンリャンに想いを寄せているのを知ったうえで
メイパオに恋するシンレン。
それを悟ったメイパオは
シンレンの想いを受け入れるのでした。ああっ、切ない!

ていうか、じゃじゃ馬っていわれるような
活発で物怖じしない女の子って、
こと恋愛に関しては不器用なことが多くないですか?
勘違いですか? そうですか。
でも、本作のメイパオはシンレンと結ばれて
それなりに、めでたしめでたしかと思いきや、
シンレンは身近にいる、しかも有力者の娘と結婚して
メイパオはシンレンの愛人になってしまう
のですよ。
なんでしょうか、この煮え切らない感じ。
シンレンが「院長」と呼ぶ妻の父は、首相に相当する人物だそうで
シンレンは大規模な学生運動(三月学運)の
リーダー格であったにもかかわらず、
要するに権力におもねってしまったわけです。
このあたり、シンレンの生き様に
台湾社会のジレンマが凝縮されているのかもしれません。

ところで、中盤でロン毛になっているメイパオですが
あれはグイ・ルンメイの地毛だそうな。
そのあと髪をばっさり切って高校生時代の撮影を行なったそうですが
やっぱ、グイちゃんはショートが似合うね♡

主人公たちの関係のみならず、
あからさまなオカマちゃんも登場して
政治的なメッセージを背景に、
LGBTをも含んだすべて人々の「自由」を
望んで止まない作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ