" />

テロ,ライブ

ill525.jpg



(原題:The Terror Live 2013年/韓国 98分)
監督・脚本/キム・ビョンウ 撮影/ピョン・ボンソン 美術/キム・シヨン 音楽/イ・ジュノ
出演/ハ・ジョンウ、イ・ギョンヨン、チョン・ヘジン、イ・デビッド、キム・ホンパ

概要とあらすじ
「チェイサー」「ベルリンファイル」のハ・ジョンウが、電話越しにテロリストとの息詰まる攻防を繰り広げるキャスターに扮したリアルタイム型サスペンス。不祥事を起こし、テレビ局からラジオ局へ左遷された人気アナウンサーのユン・ヨンファは、ラジオ番組の生放送中、正体不明のリスナーからソウル市内の漢江にかかる麻浦大橋を爆破するという脅迫電話を受ける。いたずらだと思い電話を切ると、予告通りに麻浦大橋で爆発事件が発生。相手が本物のテロリストだと確信し、このスクープがテレビ局復帰へのチャンスになるとにらんだヨンファは、犯人との通話の独占生中継を始めるが……。(映画.comより



センセーショナリズムを告発するセンセーショナリズム

まあ、たしかに頼りないところや胡散臭いところが
あるのは事実ですが
安易に「マスゴミがー!」と叫んで満足してしまうのは
あまりにも子供じみちゃいないでしょうか。
少なくとも、センセーショナリズムに嬉々として飛びついているのは
読者や視聴者だったりするのですから。

というわけで、『テロ,ライブ』
テロリストとニュースキャスターのやり取りを
リアルタイムで描いたサスペンスです。
人命救助か、スクープかという二者択一に苦しむ報道関係者といえば
『コミック雑誌なんかいらない!』の
「豊田商事永野会長刺殺事件」
なんてのを思い出しますが
本作は、そこまで社会問題に食い込んでいるわけではなく、
いかにも韓国映画風のエンターテイメントに仕上がっています。

いろいろと不可解なことが散在するのですが、
かつてテレビの花形ニュースキャスターだった
ヨンファ(ハ・ジョンウ)は、
「不祥事」によってラジオ番組のパーソナリティに左遷されています。
中盤以降、ヨンファが贈賄を行なっていたという事実が
徐々に明かされるのですが
いまいち彼が左遷された原因がよくわかりませんでした。
調べればわかるのかもしれませんが
かったるいのでやらないとして、
贈賄の事実はヨンファを脅す材料として使われるのだから
世間的にはヨンファの贈賄は知られていなかったわけで
なおさら「不祥事」がなんなのかよくわかりません。
(どうやら贈賄に加えて、
 レポーターである元妻の手柄を横取りしたことが
 「不祥事」の理由らしいですが
 それにしたって、人道的に非難されるとしても
 左遷されるってのがやっぱ、よくわからん)

ま、それはおいておくとして
ラジオ番組に爆破テロを目論んでいる犯人から電話があった、と。
犯人は交渉の相手としてヨンファを指名します。
ヨンファはこの独占スクープを
メイン・キャスターに返り咲く千載一遇のチャンスだと考え、
局長もその話にのってテレビ中継を始めるのですが
テレビのスタジオにヨンファが移動すればいいものを、
わざわざラジオのスタジオにテレビカメラを持ち込むのが
はなはだ疑問。
電話回線なんて、どうにでもなるでしょう?
局長は視聴率のためには人質の命なんてどうでもいいと考えている
絵に描いたような守銭奴で
「視聴率がもう78%だ!」なんていってるけれど、
視聴率ってリアルタイムで出ないでしょ。
ニコ生とかユーストとか、ネットのアクセス数と
ごっちゃになってるでしょ。

最も不可解だったのは、イヤホンに仕掛けられた爆弾
テロリストと交渉しているとは思えないほど高圧的な警察のボスが
イヤホン爆弾によって死んでしまいますが、
犯人があらかじめ爆弾を仕込んだイヤホンをスタッフが選んで
警察のボスが装着するのはなかなか低い確率だろうし、
(放送局にある全部のイヤホンに仕掛けたとか? おほほ)
イヤホンに仕掛けられた爆弾によって
(のちにブラフだとわかるけれど)
ヨンファが動けないという根拠がさっぱりわからないのです。
イヤホン、はずせばいいじゃん。だめなの?

別のテレビ局が、犯人の要求に従って
ヨンファに贈賄の事実を迫る場面に至っては
鼻白むばかり。
どうにかしてヨンファの個人的な葛藤とテロリズムを
結び付けたいようですが、さすがに無理がある。
犯人からの電話を受けたヨンファが
すぐに警察に通報しなかったことも問いただされますが
橋が爆破されるような大事件なんだから
大勢の人がすぐに通報しているはずだし、
なにしろ、犯人とヨンファのやり取りは
最初からテレビで放送しているので
通報しなくたって、わかってんだろ。警察も。
ヨンファが即座に通報していたとしたら
何かが改善されていたとはどうしても考えられません。


ついには容疑者呼ばわりされるヨンファ。
たとえヨンファの過去に問題があったとしても
爆破テロとはなんにも関係ないんですけど。
散々な目にあったヨンファは
犯人の少年の気持ちにシンパシーを感じつつ、
犯人が仕掛けた最後の爆弾のスイッチを押すのです。
ラストへと至る一連のシーンもデタラメのメチャクチャで
疑問だらけだけど、もういいや。

さすがに賛否両論あったようですが
最終的に「クズども、死んじまえ」の行動をとるヨンファは
どう考えてもテロリズムを容認しているようにしか見えず、
これこそがテロリズムの負の連鎖を表現しているというのは
たしかにそうかもしれないけれど、
テロリズムに対する新しい解答はなにひとつ表現できていないわけで、
こんなに世の中がクソならば、破壊するしかないという発想は
ヨンファがテロリスト精神を受け継いだに過ぎず
結果的になんらかの問題提起をするのには
まったく役に立っていないのであって
自暴自棄なルサンチマンだけがあとに残るのでした。

せめて放送局のスタッフの中に(なんなら元妻)
共犯者がいたりすれば、もう少し面白くなったかもしれません。
やたらとカメラがグラグラ揺れて、
サスペンスを演出するのに一生懸命でしたが
エンターテイメントとはいえ、
描いているものに対する製作陣の無頓着さは否めず、
この映画こそが、本質から目を背けた
センセーショナリズムにまみれていると
感じましたとさ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ