" />

滝を見にいく

ill513.jpg



(2014年/日本 88分)
監督・脚本/沖田修一 製作/井田寛、前田直典、小笠原高志、重村博文 撮影/芦澤明子 照明/御木茂則 録音/高田伸也 美術/寺尾淳 編集/佐藤崇
出演/根岸遙子、安澤千、荻野百合子、桐原三枝、川田久美子、徳納敬子、渡辺道子、黒田大輔

概要とあらすじ
「南極料理人」「横道世之介」の沖田修一が監督・脚本を手がけ、山の中で迷子になってしまった7人のおばちゃんたちが繰り広げるサバイバルをユーモラスに描いたヒューマンコメディ。幻の滝を見に行くツアーに参加した7人のおばちゃんたち。写真を撮ったりおしゃべりに花を咲かせたり、それぞれの楽しみ方で紅葉のひろがる山道を進んでいくが、ガイドの男性が先を見に行ったきり戻ってこなくなってしまう。携帯の電波も届かない山中に取り残されたおばちゃんたちは、食料も寝床もないサバイバル生活を送るハメになり……。主要キャスト全員をオーディションで選出。演技経験のない一般人を含む7人の女性たちが、おばちゃんたちを個性豊かに演じる。(映画.comより



おばちゃん女子会、遭難中。

風の便りでいい評判が聞こえてきたし、
『横道世之介』沖田修一監督作品だし、
ということで観てみました『滝を見にいく』

滝見物ツアーでたまたま同行した7人のおばちゃんが
山で遭難したら……
というワンシチュエーション・ドラマです。
おばちゃん(おばあちゃん含む)7人が
山で遭難して否応なく親交を深めるうちに、
なんだかほっこり温かい何かをもたらすのは
観る前からわかりきっているのですが
最初から最後までほっこりコメディとして展開するので
若干、期待はずれではありました。

一度でも山で遭難してしまうことの危険を
シリアスに描いてくれれば良かったのですが
一応、慌てたり揉めたりはするものの、
命の危険を感じるほどの切迫感はなく、
中盤以降のおばちゃんたちの弛緩しきったようすが
引き立たないように感じました。
そもそも、ガイドに不慣れな菅(黒田大輔)
道に迷ってどっかに行っちゃったのがことの発端ですが
現場までおばちゃんたちを連れてきたマイクロバスの運転手は
間違いなくまたその場所へ迎えに来るはずだし、
予定の時間を過ぎても(ましてや一夜が明けても)
ガイドとツアー客が帰ってこないとなれば
大騒ぎになっているはず
でしょう。
途中で、大騒ぎになっているツアー会社や家族たちなどが
登場しても良さそうなもんですが
それもないのであれば、最後に助けに来るのが
近所の農家のおっさんではなく、
レスキュー隊とか消防団とかが大挙してやってくるほうが現実味があるし、
おばちゃんたちの森の中でのファンタジックなひとときが
より際だつんじゃないか思うのですが、どうでしょう。
ま、おとぎ話だから、これでいいのか。

先は読める、緩急はそれほどない、となれば
あとはディティールです。
最初はケンケンしていたものどうしが
やがて打ち解け合って……という過程には
さほど見どころがありませんでしたが
いつの間にか互いを「じゅんじゅん」とか「ゆーみん」とか
愛称で呼び合うようになってるのは面白いところ。
単に、心を通じ合ってといいよりも、
女子会のノリがさりげなく的確に表現されていると思いました。

美容師のゆーみん(安澤千草)
頼みもしないのに自分の実情を吐露し始めたり、
セッキー(荻野百合子)だけが夢の中で過去を思い出したり、
若干バランスに欠けるんじゃないかと思うところはあったし、
前述したように、
おばちゃんたちの可愛さを表現するのを目的として
おばちゃんたちを森の中というシチュエーションに閉じ込めるための
いろんな都合のいい齟齬は気になりますが
少女のようにはしゃぐおばちゃんたちの姿が
本作の見どころなんでしょう。

とくに、演技未経験の
じゅんじゅんこと根岸遙子
ヒロインに選ばれるだけのことはある魅力を放っていました。
ほかのキャストには劇団員のひともいるけれど
ほとんど演技経験がないひとばかりだそうですが
みなさん、それぞれにいい味を出してらっしゃいます。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ