" />

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

ill502.jpg



(原題:Locke 2013年/イギリス・アメリカ合作 86分)
監督・脚本/スティーブン・ナイト 製作/ポール・ウェブスター、ガイ・ヒーリー 撮影/ハリス・ザンバーラウコス 衣装/ナイジェル・エガートン 編集/ジャスティン・ライト 音楽/ディコン・ハインクリフェ
出演/トム・ハーディ、オリビア・コールマン(声)、ルース・ウィルソン(声)、アンドリュー・スコット(声)、ベン・ダニエルズ(声)、トム・ホランド(声)、ビル・ミルナー(声)

概要とあらすじ
「インセプション」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディ主演で、高速道路を走る主人公ただ1人が86分間にわたって映し出される異色のワンシチュエーションサスペンス。プライベートでは妻と2人の子どもにも恵まれ、仕事でも建築現場監督として評価され、順風満帆な人生を送っているアイヴァン・ロック。大規模なプロジェクトの着工を翌日に控えた夜、高速道路に乗り、目的地へ向かおうとしていたアイヴァンに1本の電話がかかってきたことから、全てが狂い始めていく。(映画.comより



86分で駆け抜ける、ひとり芝居のデス・ロード!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
2時間走りっぱなしだったトム・ハーディ
またやも走りっぱなしになる
『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』
ちなみに、自動車は1台もクラッシュしません。

画面に登場するのは、トム・ハーディが演じる
アイヴァン・ロックただひとり。
自動車を運転し続けるトム・ハーディが
電話による会話のみで物語が進む、
密室劇であり、会話劇です。
限られたシチュエーションとトム・ハーディのひとり芝居で
どこまで魅せられるか、といったところ。

仕事を終えて車に乗り込む建築現場監督のアイヴァン。
交差点の信号が青に変わっても発車せず、
後続のトラックからクラクションを鳴らされると、
左にしていたウインカーを右へと切り替えて発車したのをみると
アイヴァンは自分がどうすべきか、
ギリギリまで悩んでいたことがわかります。

アイヴァンがこれから86分かけて車を走らせる先は
その晩、ロンドンで出産を控えている女性がいる病院。
かつてアイヴァンが
「2本のワイン」のせいで一度だけ肉体関係を持ったその女性は
アイヴァンの子供を出産しようとしているのです。
しかも翌日の早朝から
アイヴァンが担当する建築現場でヨーロッパ史上最大の
基礎工事が行なわれる予定

現場にいられないアイヴァンは重要な仕事を放棄することになり、
会社からは即刻クビを言い渡されるものの、
電話を通じて部下に指示を出しつつ、
妻に浮気の告白して弁明したりしながら、
浮気相手の出産に立ち会うために車を飛ばしているというわけ。

物語としては、これがほぼすべてで
かなり前半早い段階で事実が判明します。
ロンドンへ向かう86分の間に
事態が刻々と変わるようなサスペンスではなく、
窮地に陥った男の心理にどれだけ迫れるかが
ポイントになるのでしょう。

なにしろ運転中に電話がガンガンかかってくるから
それだけでも鬱陶しいし、
電話の相手がどいつもこいつもまったく不理解な人間ばかりで
アイヴァンがどんどん孤立していくさまにイライラし、
たった一度の浮気ですべてを失ってしまう無情、というか
なんで避妊しないんだよという苛立ちも感じつつ、
トム・ハーディのひとり芝居
十分に見応えのあるものでした。
また、アイヴァンの行動は
だらしなかった父親に対する憎悪と反撥に根ざしていて、
クビになったあとも仕事を完結させようとする
職人的プライドにはグッとくるものがあります。

んが、しかし。
若干深刻になりはするものの、
なにも変化しない物語はさすがに起伏にかける
言わざるをえません。
なにしろマックス、じゃなかったアイヴァンは
すでに人生を棒に振りかねない重大な決断をしたうえで
車を走らせている
ので
彼は徹頭徹尾自分の信念によって行動し、
心境が変化することもありません。

画面はつねにライトの照り返しがファンタジックに流れ、
ま、きれいっちゃあ、きれいなんだけど
車を運転して移動しているという状況を
十分に活かせているとは思えません。

アイヴァンがロンドン到着のために求められているのは
あくまで「なるはや」でしかなく、
一定の時刻までに間に合わなければならないという
時間的制限もない
ので
別のシチュエーションでも成立したように思います。
車を運転する場合、
高速道路のほうがむしろ安全なのかもしれませんが、
たとえば、眠気を催して前を走る車に追突しかけるとか、
スピードの出し過ぎでパトカーに止められるとか、
輸血袋として車に貼り付けられるとか、
アイヴァンが置かれた社会的危機以外のなにかが
ほしかったところ。

強いていうなら、妻に浮気を告白するところで
物語がひとつ変化しますが
物語の構造として転換点と呼べるようなものがないのは
いかがなものか。
物語上の折り返し地点、もしくは
観客が一息つくためのインターミッションとして
アイヴァンが車を降りるシーンがあっても
よかったんじゃなかろうか……と、思った次第。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ