" />

海街diary

ill498.jpg



(2015年/日本 126分)
監督・脚本・編集/是枝裕和 原作/吉田秋生 製作/石原隆、都築伸一郎、市川南、依田巽 撮影/瀧本幹也 照明/藤井稔恭 録音/弦巻裕 美術/三ツ松けいこ 音楽/菅野よう子
出演/綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林菊、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ、浅野陽子

概要とあらすじ
「そして父になる」「誰も知らない」などで国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やマンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を描く。鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新たな生活を始める。主人公の姉妹を演じるのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。(映画.comより



誰も知らない自分の居場所

今が旬の女優たちが四姉妹を演じ、
家族のふれあいを描くご当地映画……なんて
是枝裕和監督作品じゃなかったら
観に行こうとは思わなかったでしょう、という
『海街diary』

それにしても、なにも起こらない。
そりゃあ多少の波風は起きるけれど
劇的なことはなにも起こらない多くの人の日常をたどったような、
まさに「ダイアリー」です。
2時間ぶっつづけでキチガイが暴走する
「What a Lovely Day!」な映画もあれば
こんな映画もあるのですよ。

ただ、本作の姉妹が置かれた状況というのは
なかなかキチガイじみています。
おそらく長女の幸(綾瀬はるか)が高校生くらいのときに
父親が愛人と家を出て、その後母親(大竹しのぶ)
娘3人を置いて出て行ってしまった……て
非道すぎるだろ。
養育費がどうしたとか知らないけれど
長女の幸が意地でも頑張らなきゃいけないのは当然で
やっぱり長女はしっかりしてるわねぇ、なんて
呑気な話じゃないはずです。
これはもう『誰も知らない』の別バージョンでしょう。
『奇跡』でも親はアテにならなかったし、
取り残された子供というのは
是枝裕和監督が追い続けるテーマなんでしょう。
(これは原作あるけど)

父の訃報を聞いて
次女・佳乃(長澤まさみ)と三女・千佳(夏帆)
在来線で葬式に向かうシチュエーションが
『チチを撮りに』とほぼ同じで既視感を憶えましたが
それはともかく、
長澤まさみの全身を初めて観たぼくは
そのスタイルの良さにびつくり。
本作に少ないエロ要素を一手に引き受けておられました。

ちゃぶ台を囲む三姉妹が朝飯でなにを食べていたのかは
よくわかりませんでしたが
その後すぐに列車内で駅弁を食べるシーンがあったので
おや?と思ったら案の定、
天ぷらそば、おはぎ、しらす丼、しらすトースト、
アジフライ、アジの南蛮漬け、ちくわカレー、梅酒、

なんならポテトサラダまで
本作は登場人物が食べてばっかりの
食映画でもありました。
そこにはフードスタイリスト・飯島奈美の影が。
いや、まあ、別にいいんですけど
こういう演出には食傷気味で(食べ物だけに!)
「またか」と思ってしまいます。

日常レベルの波風が起こりはするものの、
登場人物たちはあまりにも善人ばかり。
三姉妹は腹違いの妹すず(広瀬すず)を引き取り、
まるでペットを可愛がるように世話をします。
すずのほうも、いたって優等生的です。
もしも、すずがいつもふてくされているような子供だったら
それでも三姉妹はすずを引き取ったでしょうか。
すずの境遇に自分を重ねた幸が同居を提案するのは理解できるものの、
佳乃と千佳がほんの一瞬驚いた表情を見せるだけで
すずを受け入れることに同意する
のは
ちょっと都合が良すぎるように思えます。
ましてや、佳乃は「自分の稼いだ金をどう使おうとわたしの勝手じゃん」
というようなコなので
すずを引き取ることで発生する学費などの負担を
「ええ〜、わたしはやだよ〜」とごねるほうが自然だと思うので、
三姉妹が瞬時に納得して、すず受け入れを全肯定するのが
不自然にみえてしまいます。

脇を固める俳優陣は錚々たる面々ですが
やはり皆がおだやかで優しい善人たちばかり。
突然法事にやってくることになった母(大竹しのぶ)が
嫌われ役を担うかと思われましたが
最終的には気持ちよく和解してしまいます。
別に、大変なもめ事がないとつまらないというわけではありませんが
世の中には、どうしても相容れない人間関係だってあるはずで
こうもみんなが機嫌良く振る舞っていると
予定調和的にみえてしまいます。

なかでも、風吹ジュンが演じる
海猫食堂のおばちゃんにまつわるエピソードが
なんとも箱庭的
で、
遺産問題で海猫食堂を手放さなければならないとなったとき、
融資の相談に乗るのが信用金庫に努める次女・佳乃で
どうやらガンを患っているおばちゃんが入院する
ターミナルケア病棟(末期患者に対する終末医療を施す場所)では
長女・幸が働いているというのは
いくらなんでも世界が狭すぎませんか。

「自分の居場所」を巡る物語。
三姉妹は「居場所」に固執し、両親は逃げだし、
すずは発見し、加瀬亮は模索中、といったところか。

最近、涙腺がドスケベになったので
ところどころで泣きそうになりましたが
物足りなさは否めませんのよ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ