" />

天国と地獄

tengokujigoku.jpg



(1963年/日本 143分)
監督/黒澤明 製作/田中友幸、菊島隆三 原作/エド・マクベイン 脚本/小国英雄、菊島隆三、 久板栄二郎、 黒澤明 撮影/中井朝一、斉藤孝雄 音楽/佐藤勝 美術/村木与四郎
出演/三船敏郎、香川京子、仲代達矢、木村功、山崎努、三橋達也

概要とあらすじ
エド・マクベインの原作を得て、黒澤明監督が映画化した全編息づまるサスペンス。製靴会社の専務権藤の息子と間違えられて、運転手の息子が誘拐された。要求された身代金は三千万円。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して三千万円を犯人に受け渡し、無事子供を救出する。非凡な知能犯の真の目的とは。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘拐事件が発生した。また白黒作品であるにもかかわらず、最も重要なシーンで一個所のみ着色を施すなど新たな演出も印象深い。(映画.comより



世界的マスター・ピースですよ、そりゃあ。

『ももいろそらを』にイライラしたので
『天国と地獄』を観ることにしました。

それにしても出演者の豪華さにお口あんぐり。
いまや名優と呼ばれてしかるべき俳優たちが
大量に出演しています。
あたりまえだけど、皆さんそれぞれに若々しく、
設定が真夏の暑苦しさも相まってものすごい熱気を感じます。
(実際の撮影時期は真冬だったとか)
なかでも三船敏郎と仲代達矢の「顔力」はやっぱり別格。

金持ちの権藤(三船敏郎)の息子が誘拐されるだけでも
物語としては十分成立するはずですが
じつは誘拐されたのは運転手の息子だったという設定が
権藤の葛藤をさらにややこしくさせています。
全財産を賭けて会社乗っ取りのために準備した金を
身代金として使わなければならない状況は
子供の命と自分の社会的地位を天秤にかけられているわけですが
誘拐されたのが自分の息子なら
親子の愛情で十分なところを
運転手の子供だったことで、愛情に加えて
倫理まで秤に乗せられるのですから、なんとも意地が悪い。
終盤、犯人が紛れ込むディスコみたいな屋台村みたいな店のメニューに
「チキンライス 100円」とあったから
身代金の3,000万円は、低く見積もっても
現在なら1億5,000万円〜2億円あたりでしょうか。

で、やっぱり
身代金受け渡しシーンのサスペンスは最高です。
実際に「こだま」を走らせて撮影されたこのシーン、
(まだ新幹線は開業しておらず、「こだま」は当時日本最速の特急列車)
撮影自体、失敗が許されない一発勝負だったそうで
当然、物語も一発勝負。
原作では、身代金受け渡しは自動車だったそうですが、
自分で運転して移動できる自動車と比べて
列車は次の停車駅まで止まることができないのですから
スリル度アップ間違いなし。

パートカラーの斬新さだけでなく、
見つけたーー!!感が半端ないピンクの煙シーンのあと、
警察の犯人追跡を描く後半は
「徹底的に細部にこだわった推理映画を作ってみよう」、
「当時の誘拐罪に対する刑の軽さに対する憤り」
という
黒澤明監督の考えを反映させたものになっています。
捜査陣が一堂に会して、それぞれが担当する捜査結果を報告するシーンは
しつこいくらい長くて律儀なのです。
テキパキと全体を仕切る戸倉警部(仲代達矢)の後ろに構える
上司の志村喬が何もせずに優しく微笑んでいるだけなのが
ちょっとしたツボ。

犯人が竹内(山崎努)だと特定したあとも
逮捕せずに泳がせるのは
「当時の誘拐罪に対する刑の軽さに対する憤り」を反映しているのでしょう。
ここでは尾行捜査のサスペンスが楽しめます。
でもこれ、捜査の正当性としてはどうなんでしょう?
量刑を増やすために犯人を泳がせた結果、
犯人は新たな犯罪に手を染めてしまうし、
少なくとも、すぐに逮捕しておけば生まれるはずのなかった
新たな犠牲者を生んでしまっているのは
いかがなものか、と思わなくもなくはない。

ま、世界的マスター・ピースですよ、そりゃあ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ