" />

LEGO(R) ムービー

ill487.jpg



(原題:The LEGO Movie 2014年/アメリカ 100分)
監督/フィル・ロード、クリストファー・ミラー 製作/ダン・リン、ロイ・リー 原案/ダン・ハーゲマン、ケビン・ハーゲマン、フィル・ロード、クリストファー・ミラー 脚本/フィル・ロード、クリストファー・ミラー 撮影/バリー・ピーターソン 美術/グラント・フレックルトン 編集/デビッド・バロウズ、クリス・マッケイ 音楽/マーク・マザースボウ
声の出演/クリス・プラット、ウィル・フェレル、エリザベス・バンクス、ウィル・アーネット、ニック・オファーマン、アリソン・ブリー、チャーリー・デイ、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン

概要とあらすじ
世界で幅広く親しまれている玩具「レゴ」を題材にした3Dアニメーション。特徴もなく、ただマニュアル通りの日常を繰り返すことになんの疑問も抱いていない平凡なLEGOフィギュアの作業員エメットは、ひょんなことから世界を救う「選ばれし者」と間違われてしまい、LEGOワールドを思うがままに支配しようと企むおしごと大王の野望を阻止する冒険に出るはめに。ヒーローになる覚悟も自覚もないエメットだったが、世界を救うため個性的な仲間や人気ヒーローたちと悪に立ち向かっていく。監督は「くもりときどきミートボール」のフィル・ロード&クリストファー・ミラー。日本語吹き替え版では、森川智之、山寺宏一、沢城みゆきら8人の声優ですべてのキャラクターを吹き替えている。(映画.comより



予告編を作ったやつ、死ね!

多くの人が同じことを感じたでしょうが
映画館で観た『LEGO(R) ムービー』の予告編が
本当に非道かった
のです。
「じぇじぇ〜」「今でしょ?」「ワイルドだろ〜」と
2014年限定というわけでもない、ここ2〜3年の流行語が連発され、
客席を凍り付かせました。
なんとかその場でゲロを吐くのは堪えましたが、
無能さと下品さと観客をナメきった傲慢さしか存在しないその予告編を観て
こんなもん誰が観るかボケ!と公開をスルーしたのです。
ところが公開してみると、本作の評判はすこぶる良く、
しかも予告編の吹き替えは本編とはまったく関係ないことが判明。
そんな事実に気がついたときにはすでに公開が終わっておりました。

あの予告編を作ったやつ、死ね。いますぐ死ね。
少なくとも、表現やものつくりには一生関わるな。
お前は正真正銘のゴミだ。

というわけで、やっと念願叶ってBlu-rayでの鑑賞となったのです。
(待ち望んでいたわりにゃ、間が空いてるけど)
クソゴミ予告編のこともあったので
ここは敢えて吹き替えで観てやろうと思い、そうしたのですが
いやあ、吹き替えでよかったと思っております。
なんせ、画面に映る映像の情報量が半端ない!
字幕を追っている余裕などありません。
CGで作られたキャラクターの動きは
あえてストップモーションのようなぎこちなさを残しつつ、
レゴブロックをシミュレートした背景に至るまで
めくるめく造形とものすごい多量のカットの応酬に
ついていくのがやっとです。

煙や水までレゴブロック(風に)で表現するそのこだわりように
目眩がします。
思えば冒頭で、朝目覚めた主人公のエメット
「壁、おはよう! 廊下、おはよう!」と言っていたのは
彼が脳天気なバカだからではなく、
エメットの身体も壁も廊下も
この世界のすべてが
同じレゴブロックから成り立っている
ことを示唆しています。
ヒロインのワイルドガールが初めて顔を見せて、
エメットがその美貌にうっとりするシーンで
四角い顔のワイルドガールが美貌の持ち主だと理解するのに
しばらくの時間を要しましたが
ワイルドガールが髪をヅラごと(?)振り乱しているのには
笑いました。

その後も有名キャラクターのパロディーを交えつつ、
小ネタ大ネタ入り乱れたギャグが連発し、
映像の複雑さも衰えません。
物語は、平凡な主人公がじつは選ばれた特別な存在だと指名され、
戸惑いながらやがて自覚して世界を救う
という、
あちらこちらによくあるもの。
ところが、発想力のないエメットが頼りにしている
本作における「マニュアル」というのは
押し付けられたルールや規範という抽象的なものを指すのではなく、
レゴブロックに添えられる設計図のことを指しているようで
マスタービルダーと呼ばれる存在は
「マニュアル」に頼らない自由な発想力を発揮するのですが
かたや「マニュアル」に準じることで生まれる知恵もあるということを
描くあたり、一筋縄ではいかない脚本の見事さがあります。
あれができない、これがわからないというやつに限って
マニュアルにまったく目を通していないってこと、
よくありますよねぇ。
(こういうやつは、アプリのヘルプも見ないんだよな)

たたみ掛けるようなCGが延々と続いたあとの終盤、
唐突に「上にいるお方」としての人間が登場します。
この展開にはうなりました。
元来、おもちゃで遊んでいただけだったはずのものに
こだわりって固執するあまりに
自分と息子を管理・規制してしまっていた父親の姿は
楽しむことの大切さを思い出させてくれます。

とにかく、驚愕のCGにお口あんぐりしながら
どシンプルだけど示唆に富んだ脚本に拍手です。
Bru-rayにはNG集が収録されていて
CGアニメでNGってなんだよと思ったら
声優のアフレコのNGに合わせて
本編とは別にCGアニメを作っている
のでした……
バカじゃないの??(褒め言葉)

最後にくりかえしますが
予告編を作ったやつ、死ね!

↓能無しのクズが作ったその予告編




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ