" />

ピッチパーフェクト

ill482.jpg



(原題:Pitch Perfect 2012年/アメリカ 112分)
監督/ジェイソン・ムーア 製作/ポール・ブルックス、マックス・ハンデルマン、エリザベス・バンクス 原作/ミッキー・ラプキン 脚本/ケイ・キャノン 撮影/ジュリオ・マカット 美術/バリー・ロビンソン 編集/リサ・ゼノ・チャージン 衣装/サルバドール・ペレス 振付/アーコモン・“AJ”・ジョーンズ 音楽/クリストフ・ベック、マーク・キリアン
出演/アナ・ケンドリック、スカイラー・アスティン、レベル・ウィルソン、アダム・ディバイン、アンナ・キャンプ、ブリタニー・スノウ、アレクシス・ナップ、エスター・ディーン、ハナ・マエ・リー、ジョン・マイケル・ヒギンズ、エリザベス・バンクス

概要とあらすじ
個性豊かなガールズアカペラ部のメンバーたちが織りなす友情やプライド、成長を描いたガールズムービー。音楽好きでDJを目指しているベッカは、親の勧めで嫌々ながらも入学した大学で、ひょんなことからガールズアカペラ部に入部することに。個性は豊かだがバラバラなチームメイトたちとともに大会を目指すことになったベッカは、時に周囲と衝突しながらも次第に友情を育ませていく。ブロードウェイミュージカルで舞台を踏んだ経験をもち、「イントゥ・ザ・ウッズ」「ラスト5イヤーズ」といったミュージカル映画への出演も続くアナ・ケンドリックが主人公ベッカ役で主演。ケンドリックが劇中でカップを楽器代わりに演奏し、歌うシーンが評判を呼び、ファン動画が作られるなど全米で人気を博した。共演に「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」のレベル・ウィルソンほか。(映画.comより



口が奏でるハーモニーとゲロ

「完全なる売女」じゃなくて、「完全なる音階」の
『ピッチパーフェクト』
本国アメリカでは(とくに続編が)空前の大ヒットだそうで
2年遅れて日本でも公開の運びとなったもよう。
というか、アカペラ自体が大流行してるんだとか。

ストーリーはいたって単純。
はじめはバラバラだったメンバーがいつしか力を合わせ、
クライマックスの晴れ舞台で花火を打ち上げる、という
予想から1ミリもはみ出さない王道の展開です。
ま、こういう気楽に楽しむ映画はこれでいいのでしょう。
むしろ予想通りのほうがいいのかもしれません。
あくまで本作の見どころは、アカペラとゲロなのです。

冒頭から、アカペラグループ「ベラーズ」のリーダー、
オーブリー(アンナ・キャンプ)が
盛大にゲロをぶっ放します。

オーブリーは緊張したり興奮するとゲロを吐く癖があるのでした。
中盤で「ベラーズ」のメンバーたちが内輪もめを始めるシーンでは
自ら意図的にゲロでメンバーたちを攻撃します。
おまえ、怪獣かよ!
惜しむらくは、ゲロを吐いたあとのオーブリーの口の周りが
それほど汚れていなかったこと。
自分のゲロででろでろになった醜いオードリーで笑いたかった。
あと、ゲロの臭いについての描写がなかったのもちょっぴり残念。

ゲロの話はこれくらいにして
ハイクオリティーなアカペラとダンスが本作の魅力です。
出されたお題に合わせてアカペラグループがアドリブで戦う
「リフ・オフ」と呼ばれるバトルは
ものすごくハイレベルなお遊びなのですが
即興で歌ってハモるだけでなく、
歌詞をしりとりで繫いでいくんだからすごい。

オーブリーのゲロのおかげでメンバーがいなくなった「ベラーズ」が
容姿も経験も気にせず集めたメンバーは
アパッチ野球軍みたいに個性派揃い。
DJになりたいヒロインのベッカに扮するアナ・ケンドリック
僕のなかでは『50/50』が印象的で
元TBSアナウンサーの竹内香苗にどことなくそっくり。
(大学教授のベッカの父親が、彼女の内向的な性格を直すために
 自分が務める大学に入学させるっていうのは
 ものすごく裏口なんじゃないかと思わないではないが)
“ファット”エイミー(レベル・ウィルソン)渡辺直美そのものだし、
異常に声が小さいサイコパスのリー(ハナ・マエ・リーリ)
菊地凛子とほぼ同一人物です。
というわけで、われわれ日本人にとっても
なじみのある顔ぶれなのです。(んなことない)

『ブレックファスト・クラブ』を引き合いに出しながら
肌の色も髪の毛の色も違う多種多様なメンバーたちが
それぞれに違う個性を認め合ってこそ、
極上のハーモニーが生まれるということを教えてくれます。
「女性のアカペラグループの評価が低いのは
 低音部を出せないから」
というのには、なるほどと思いましたが
そんな問題も、メンバーが声帯手術をしたあと、
突然低音が出るようになるという離れ業で難なくクリア。

そして、クライマックスです。晴れ舞台です。
どうぞ楽しんでください。

本作のレイティングは
G(General Audiences=一般向き)となっていて
僕が観に行ったときには
小学生(低学年)の女の子3人(+母親3人)が観に来ていました。
たしかにヌードやベッドシーンはないけれど
セリフは相当下品な下ネタだらけです。
アカペラのことを「口だけでするの」っつったり、
「この曲でいつもオナってるの」つったり……
あの女の子たち、さすがに意味はわかんないだろな。

わからないことは、お母さんに聞いてね!
お母さんは知ってるから!







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ