" />

マッドマックス 2

ill480.jpg



(原題:Mad Max II 1981年/オーストラリア)
監督/ジョージ・ミラー 脚本/テリー・ヘイズ、ジョージ・ミラー、ブライアン・ハナント 製作/バイロン・ケネディ 撮影/ディーン・セムラー 美術/グレアム・グレイス・ウォーカー 音楽/ブライアン・メイ
出演/メル・ギブソン、ブルース・スペンス、バーノン・ウェルズ、エミル・ミンティ、マイク・プレストン、ケル・ニルソン、バージニア・ヘイ、シド・ヘイレン

概要とあらすじ
石油パニックに陥った退廃的な社会を背景に凶悪化したハイウェイの殺し屋たちに挑む一匹狼の警官マックスの活躍を描くアクションで「マッドマックス」の続篇。3年前まで追跡専門の警官をしていたマッド・マックス(メル・ギブソン)は妻子を殺されその復讐をとげてからは、何の望みもない日々を送っていた。しかし、暴走族の勢力は以前より増し、ガソリンを奪い合う熾烈な戦いがあちこちで展開されていた…(映画.comより抜粋



おさらいデスロード その2

いまとなっては誰もそんなことは言わないだろうけど
どうせ続編だろ? と高をくくっていると大やけどする
『マッドマックス 2』
よく「前作からさらにパワーアップ」なんて惹句が使われますが
本作においては、観客の実感が
前作を上回っているといっても過言ではないでしょう。
前作『マッドマックス 』と比べて制作費は10倍になったそうで
予算が潤沢だからこそ実現できたものもあるでしょうが
本作のパワーアップ感はそういうことじゃないような気がします。
いや、パワーアップというより、スケールアップというべきか。

正体不明の人物によるモノローグで幕を開ける本作は
(ラストでモノローグの語り手がわかる)
わりと律儀に続編らしく前作をフラッシュバックしつつ、
あれから第三次世界大戦的なものが起きて世界は荒廃し、
人々はガソリンを奪い合うようになった、と説明します。
(実際、現実も大差ありません)
マックス(メル・ギブソン)もガソリンを求めて彷徨うもののひとり。
そんなにガソリンが大事なら、
あんな燃費の悪そうな車であてもなく走り回らなきゃいいのに、

なんてことは、決して口にしてはいけません。

冒頭から登場する暴走族の
ウェズ(バーノン・ウェルズ)がメインのキチガイですが
前作同様に(というより、さらにあからさまに)
金髪の男の愛人を連れています。
暴走族たちは一応女性を襲ったりもするのですが
なぜかホモ・ソーシャルな印象が強いのです。

本作のマックスはすでに警官ではなく、
やさぐれたまま、爆走で徘徊していますが
どこかで拾ったのか、犬を連れています。
このいかにも小汚い犬の演技が素晴らしい。
相棒となるジャイロ・キャプテン(ブルース・スペンス)
道化っぷりも楽しい。

前作と比べて、あきらかに遠景のショットが多いのが
スケールの大きさを物語っていますが
やっぱり魅力的なのは、
それぞれのキャラクターと凝ったギミックの改造車、
それにコスチューム・デザインでしょう。

なんで『ベルフラワー』のあいつらが憧れるのか
さっぱりわからないほど意外と影が薄い
ヒューマンガス(ケル・ニルソン)をはじめとして、
暴走族の連中はそれぞれに個性的なファッションをしています。
(なんと、ケル・ニルソンはスウェーデンの重量挙げ選手出身)
なかでもオシャレなのは、
フェラル・キッド(エミル・ミンティ)のブーメランで
パラパラっと指を落とすあいつ。

常に記憶がおぼろげな僕もこのシーンだけは克明に憶えていました。
指が切り落とされたショックよりも、
それを見ている周りの連中があははと笑う姿が気味悪く、
印象的だったのです。

かたや、石油精製所のコミューンにいる連中は
基本的に白を基調としたファッションで
わかりやすく善玉なのです。

タンクローリーをとってくるという、
石油コミューンとの取引に成功したマックスは
おれは一匹狼だからとばかりに、
V8インターセプターで旅立つものの、
びっくりするほどあっさりとウェズにやられてしまいます。
マックスの警戒心のなさに唖然としますが
そのおかげで自慢のV8インターセプターも大破。

クライマックスのカーチェイスは
言葉で説明しても魅力が伝わりませんが、
ふと感じたのは、
自分が随分CG表現に慣れてしまっているな、ということ。
本作のカーチェイスが
命がけのスタントと撮影によって成り立っているのを
つい忘れてしまうのです。
トレーラーの車体の下でもがく車も、粉砕される車も
クルクル回りながら飛んでいく暴走族も
すべてリアルなアクションだと思い出せば
並大抵のシーンではないはずです。

冒頭のモノローグは
年老いたフェラル・キッドのものだったことが
ラストでわかります。
ンガー! としかいわなかった少年はいつしか言葉を覚えたのでしょう。
随分、時間が経っているようですが
とにかく、マックスは伝説となったのです。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ