" />

ファニーゲーム

funnygame.jpg



(原題:Funny Games 1997年/オーストリア 103分)
監督・脚本/ミヒャエル・ハネケ 撮影/ユルゲン・ユルゲス 音楽/ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
出演/スザンネ・ローター、ウルリッヒ・ミューエ、フランク・ギーリング、アルノ・フリッシュ、ステファン・クラプチンスキー

概要とあらすじ
1997年のカンヌ国際映画祭で、そのあまりに衝撃的な展開に途中で席を立つ観客が続出。斬新なスタイルとショッキングなテーマ性でその年のカンヌの台風の目となったが、賞レースでは無視された。2001年、「ピアニスト」でカンヌのグランプリを獲ったミヒャエル・ハネケの、早すぎた金字塔的作品。(映画.comより)



卵は多めに買っとけとかそういう問題じゃない!

ミヒャエル・ハネケ監督の『愛、アムール』
観に行こうとしていたのですが、
ハネケ監督が「人の神経を逆なでする映画監督」という
噂を聞きつけ、『白いリボン』しか観たことのなかった僕は
確かに辛辣ではあったけれど、映像も美しかったし
そんなふうに言われる監督かしらん、と怪訝に思い、
ハネケ監督作品の中でも最も人の神経を逆なでしていると評判の
『ファニーゲーム』
予習として鑑賞することにしたのでした。

キューブリック監督の『シャイニング』
オープニングを思い起こさせる空撮で
そこそこ裕福そうな家族がヨットを牽引した車に乗って
バカンスを楽しむために別荘へと向かう途中。
暇つぶしにCDの曲当てごっこをしながら
和気藹々と和んでいる様子は
そのCDでかかる曲がクラシックであることから
それなりに知的水準の高い一家だとわかります。
そこへ突然パンキッシュなメタルの曲がかかるや
赤い文字でタイトルがドーン!
ははぁん、『キャビン』のオープニングの元ネタは
これかと納得しました。

別荘に到着し、車の中から隣人にあいさつするも
一家はそのよそよそしさに不満をもらすのですが
あとから考えると、その時点で隣人たちは
既に「あいつら」によってそうなっていたわけで……

いかにもマヌケそうなデブ、
ペーター(フランク・ギーリング)が卵を借りに来たときから
「あいつら」のゲームは始まっていたのですが
まだ序盤だということもあり、観ている僕も
どんくせえやつだなと、おそらくは
妻のアナ(スザンネ・ローター)と同じ感情を抱いたのでした。
そこから、じわじわと幕を開け始める凶行。
異変に気づいた主人ゲオルク(ウルリッヒ・ミューエ)
言葉はていねいだけど明らかにずうずうしい
パウル(アルノ・フリッシュ)の屁理屈による会話が
一気に不穏な空気の濃度を上げるのです。

そして、ついに明白なものとなる二人の暴力。
しかも、あいかわらず言葉は丁寧で
それが余計に癪に障るのです。
僕のイライラは既にマックス!!
腹が立って腹が立って仕方がない!
これはこの作品に限ったことではなく、
映画でこういう連中を見ると、被害者を可愛そうだと思うより先に
加害者に対して許せねえという感情がわき上がってくるのです。
すなわち! 僕はこの時点で
ハネケ監督の手中にどっぷりずっぽりハメられているのです。

しかし、なんともとらえどころが難しい作品です。
確かに「人の神経を逆なでする映画監督」という評判は
納得のいくもので、デートで観に行くなどもってのほか
この作品を観て「いや〜、面白かったねぇ!」といえば
完全に人間性を疑われること間違いなしなのですが
僕にとって最もどう解釈していいのか悩ましいのは
やはり、この作品のメタ構造です。

憎たらしいパウルがカメラに向かってウインクしたり、
「これじゃ劇場用の時間に長さが足りない」と言ってみたり、
ミスってデブが殺されるとリモコンで時間を巻き戻し
なかったことにしてしまう演出が
いま、映画を観ているという行為そのものが
虚構そのものだと言っているようにも思えます。
映画の中で繰り広げられる光景とそれを見ている観客との間には
当然ながら、観察者と被観察者という関係にありますが
その距離もしくは壁を乗り越えてくるのが
パウルのウインクなのです。
意識しないにせよ、観察者として安全な場所にいたはずの観客を
映画の中で行なわれている物語に巻き込もうとする
試みだと考えてもいいのかも知れません。
これはもう、心理的3D映画なのです。

個人的に、奇をてらっただけの脅かしは
最も嫌悪する対象なのですが
凶悪な二人組の行動に胸くそ悪くなりながらも
僕がおぼろげに感じとれるハネケ監督の意図そのものは
奇をてらってふざけているだけのようには見えないのです。

なぜなら、二人の凶行がまだ予感でしかなかったとき、
ゴルフクラブにズームアップするショットや
ヨットの準備をするゲオルクが気づかずに
ナイフを足で落とすショットなどはサスペンスの常套句であり、
順当な手順を踏まえていることは確かだし
二人が一端(!)家を立ち去った後の長回しは
理不尽な暴力に巻き込まれたこの家族の痛みや悲しみを
十二分に理解した上で表現していると思えるからです。
この作品のテーマはスプラッタームービーのように
凄惨で残酷な描写を競うものではないことは
直接暴力がふるわれるシーンが映されず
ジャンプされていることからも明らかです。
先ほどの観察者と被観察者という関係に戻れば
ヒッチコックが多くの作品で「のぞき」にこだわったのは
映画を観るという行為そのものが
他人の行動をのぞき見る行為に他ならないからであって
いつものように『ファニーゲーム』を
のぞき穴からのぞいていた観客は
不意にのぞきの対象と目が合うことで、ぎょっとするのです。
自分がのぞいている側だと思っていた観客が
じつはのぞかれていたという逆転現象が
凶悪な二人に対する憎悪を拡大させるのです。

このように、映画の構造そのものを逆手に取り、
観客という立場をも危うくするこの作品は
結果的にサスペンスという映画体験をより効果的に
観客にもたらしているという逆説も成り立つのですが
手玉に取られた観客がいい気分になるはずもなく
「言ってることは正しいが、もっと違う言い方はないのか」
否定的な反応が返ってくるのも至極当然。
知性のひけらかしに映るのはいたしかたなしですが
映像の確かさは認めるほかないところ。
頭はいいが、性格は悪いといったところでしょうか。
もちろん『白いリボン』は素晴らしい作品だったので
無能なものを嘲う暇があったら
自らの有能さに磨きをかけていってほしいものです。

鑑賞後は間違いなく気分を損ねること請け合いなのですが
ものすごく気の利いた嫌みを言われるのを
受け止める覚悟があれば、一見の価値あり。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ