" />

JIMI:栄光への軌跡

ill445.jpg



(原題:Jimi: All Is by My Side 2013年/イギリス 118分)
監督/ジョン・リドリー 製作/ショーン・マッキトリック、ジェフ・クロッタ、ダニー・ブラムソン、ブランドン・フリーマン、トリスタン・オーペン・リンチ、ナイジェル・トーマス
出演/アンドレ・ベンジャミン、イモージェン・プーツ、ヘイリー・アトウェル、ルース・ネッガ、アンドリュー・バックリー、エイドリアン・レスター、オリバー・ベネット、トム・ダンレア

概要とあらすじ
天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスがスターダムに駆けあがるまでの2年間を描いた伝記ドラマ。「それでも夜は明ける」でアカデミー賞を受賞した脚本家ジョン・リドリーが監督・脚本を手がけた。1966年5月。無名のバックバンドでギターを弾くジェームズは、ニューヨークのナイトクラブで、キース・リチャーズの恋人リンダ・キースと出会う。ジェームズの類まれな才能を見ぬいたリンダは、音楽プロデューサーのチャス・チャンドラーに彼を引きあわせる。ヒップホップデュオ「アウトキャスト」のメンバーであるアンドレ3000ことアンドレ・ベンジャミンが、600時間に及ぶ猛特訓の末に左手でのギター演奏をマスターし、ヘンドリックス役を演じた。リンダ役を「グッバイ・アンド・ハロー 父からの贈りもの」のイモージェン・プーツ、当時のヘンドリックスの恋人キャシー・エッチンガムを「キャプテン・アメリカ」シリーズのヘイリー・アトウェルがそれぞれ演じた。(映画.comより



女を見る目はなかったジミヘン

僕もギターなんぞを嗜んでいたりするもんですからね、
しかも愛用しているのは
ストラトだったりするもんですからね、ええ、
ご多分に漏れず、「ジミヘン」は好きなんですよ、そりゃ。

誰もが敬愛する、あの「ジミヘン」を再現しようとするのですから
『JIMI:栄光への軌跡』
相当な難題にチャレンジした作品なのは間違いないでしょう。
なにしろジミヘンは右手用のギターを左手で弾くんですから
まずはそれをどう違和感なくみせるのかが悩みどころのはず。
ジミヘンに扮するアンドレ・ベンジャミン
もともとギターを弾けるのか、きき手がどっちなのか知りませんが
「600時間に及ぶ猛特訓」で身につけたギターさばきに
まずは拍手を送りたいと思います。
聞こえてくるギターフレーズと指の動きが
すべてのシーンでまったく同じだったわけではないけれど、
アンドレ・ベンジャミンがギターをかまえた姿に違和感があれば
すべてが台無しになっていたはずです。
顔つきも十分に似ていたし、声のトーンにも研究のあとが窺え、
本作における最も重要な問題は
彼のおかげでクリアできていると感じました。

ジョン・リドリー監督
「単なる伝記映画にしたくなかった」と語り、
ジミヘンが世界的なアーティストとして名をとどろかせる
ブレイク前夜の2年間にスポットを当て、
ジミヘンのひととなりに迫ろうとしたもよう。
それは、監督の考え方だからそれでいいでしょう。
楽しめれば。
でも、やっぱりね。
本作を観に行くひとが期待するのは、
ここぞとばかりのタイミングでジミヘンの曲が鳴り響いて
アゲアゲになること
だと思うのです。
もしくは、うっとりしたいのです。

ところが本作では、
ジミヘンの代表曲がほとんど使われていません。
権利問題があったのかなんなのか、知りませんが
いくらジミヘンの内面を描くといっても
これではノレません。
唯一ノレたのは、クラプトンのライブに飛び入り参加したジミヘンが
「Mannish Boy」を演奏するシーン
でしたが
ああいうシーンをもっと観たかったと思うのは
僕だけではないはずです。

キース・リチャーズの元カノ、
リンダ(イモージェン・プーツ)に見初められて
ブレイクのきっかけを掴むジミヘン。
ちょっとアンナ・カリーナを思わせるリンダは美しいし、
音楽的審美眼も持ち合わせているからこそ
ジミヘンの才能に気がついたわけですが
なぜかジミヘンとリンダは結ばれず。
ま、事実なんだから仕方がないですが
リンダにとってかわったのが
キャシー(ヘイリー・アトウェル)

このキャシーが、
ただのグルーピーでバカ女のブスで
自分勝手なことばかりやらかすのですが
このエピソードがくそつまらなくて、長い!!
頼むから早くいなくなってくれと思いました。
それでも、キャシーは全然いなくなりません。
ジミヘンの内面を描くうえで
キャシーのエピソードって、そんなに重要でしょうか?

ジョン・リドリー監督は、ジミヘンがリンダに贈った
『Sending My Love to Linda』という曲を聴いて
本作を着想したというのですから
もっとリンダとの心の交流を中心に据えても
よかったんじゃないのと思います。
(だいたいこの曲、本作でかかったか?)
キャシーは、どうみてもバカなビッチだし、
ジミヘンは、性欲以外の自分の意志で
行動していないバカのようにみえます。
3人目に現れた女性は
政治活動に傾倒していてズルイ女ではありましたが
それでもキャシーに比べれば随分魅力的な女性だったし、
こと、女性選びに関しては
ジミヘンはまったく見る目がなかった

言わざるをえません。

ジミヘンの才能が完全に認知される
モンタレー・ポップ・フェスティバル(1967)
クライマックスになると思いきや、
フェスティバルに参加するために空港に到着したバンドメンバーが
じゃれあっている後ろ姿を中途半端な絵面でみせたかと思うと、
予想外のエンド・クレジット……
え?? 終わり? これで?
と、悲鳴を上げそうになりました。

ブレイク前夜を描くんだから
フェスティバルの描写をしないのはわかりますよ。
でも、もうちょっと盛り上げかたがあるでしょうに。
たとえ、事実はこうだったとしても
映画なんだから、やっぱりグッときたいでしょう?
これじゃあ、ぜんぜんグっとこないし、
ジミヘンの凄さも伝わってきません。

マジメか?!





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ