" />

紙の月

ill439.jpg



(2014年/日本 126分)
監督/吉田大八 原作/角田光代 脚本/早船歌江子 製作総指揮/大角正 撮影/シグママコト 照明/西尾慶太 録音/加来昭彦 美術/安宅紀史 衣装/小川久美子 編集/佐藤崇 音楽プロデューサー/緑川徹 音楽/little moa、小野雄紀、山口龍夫
出演/宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美、平祐奈、佐々木勝彦、天光眞弓、中原ひとみ

概要とあらすじ
「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年ぶりに映画主演を務め、年下の恋人のため顧客の金を横領してしまう銀行員の女性を演じた。バブル崩壊直後の1994年。夫と2人で暮らす主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事に従事し、その丁寧な仕事ぶりで周囲にも評価されていた。一見すると何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だが、自分への関心が薄い夫との関係にむなしさを感じていた。そんなある日、年下の大学生・光太と出会った梨花は、光太と過ごすうちに顧客の預金に手をつけてしまう。最初は1万円を借りただけのつもりだったが、次第にその行為はエスカレートしていき……。2014年・第27回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、最優秀女優賞と観客賞を受賞。第38日本アカデミー賞でも最優秀女優賞を受賞した。(映画.comより



コメディにすればよかったのに…

舞台での活躍が多い宮沢りえが久しぶりに主演した
『紙の月』を早稲田松竹にて。

原作は人気作家の角田光代で、監督は吉田大八
大島優子が映画初出演とか、
なにかと話題の多い作品で、そこそこ評価も高いようですが
あまり積極的に観る気になれませんでした。
『桐島、部活やめるってよ』という大傑作を撮った吉田大八監督ですが
『桐島』以前の作品の印象から
個人的には吉田大八監督作品なら間違いなしと
いえるまでには信頼できないのがひとつの理由ですが、
もうひとつの理由は宮沢りえです。

宮沢りえに不満なんかあろうはずもありません。
舞台で鍛えた演技力も疑いようがないでしょう。
では、なにが問題かといわれれば
宮沢りえが何を演じても、宮沢りえにしか見えないのです。
少なくとも、僕には。

いつしか40歳を越えたりえちゃんは
そりゃさすがに老けたけど、その美しさは健在。
『ヨルタモリ』の和服ママなんて、もう最高です。
スキャンダルも含めて時代のアイコンとなったりえちゃんは
AKBグループが束になっても足元にも及ばないほど
アイドルとしてのオーラが半端ないのですが
閉じ込めることのできない彼女のオーラ
役柄を演じる点において
フラットな鑑賞の妨げになってしまうと思うのです。

で、案の定、
宮沢りえが演じる銀行の契約社員・梨花
いかにも地味な髪型とやぼったいスーツの着こなしで
僕にはどうしても「わざとボロを着たお姫様」にしか見えません。
彼女の浮世離れしたオーラをぬぐい去れないのです。
(はっ! ぬぐい去れないのはりえちゃんのオーラじゃなくで
 オレの先入観じゃないのか?)

ま、とにかく。
梨花は、ちょっと借りるだけのつもりで
客から預かった金に手をつけてしまいます。
さらには、得意客(石橋蓮司)の孫・光太(池松壮亮)
不倫関係を結んでしまうのですが
梨花が貴金属や化粧品に惹かれてしまう心因や
つけ回してくる光太と恋に落ちる動機が
十分に描かれているとは思えません。

梨花の夫(田辺誠一)が梨花に無関心で
面白味のない男なのはわかりますが
決して悪い夫には見えず、経済的にも不自由なさそうなので
たとえ梨花が現状の生活に不満を抱いていたとしても
横領や顧客の孫との肉体関係という
リスクの高い逃避を選択するほどの理由があるとは思えないのです。
理由なんかないの。なんか、つまんないの。
って、いわれりゃそうかもしれませんが
それじゃあ、映画を観ているこっちはノレません。

浪費を重ねる宮沢りえを見ていると
『トニー滝谷(2005)』を思い出します。
この作品で宮沢りえが演じる妻は
服を買うことに病的な執着をみせる女性でしたが
本作の梨花は、自分の欲望を満たすためと
光太を喜ばせるために
(それも自分の欲望ですが)
横領を続け、「バブル」な浪費を繰り返します。
高級な服やアクセサリーを身につけ、
美しく輝いていく梨花は
どんどん「宮沢りえ」に近づいていきます。

梨花が銀行の顧客からくすねた金で
同じようにアップグレードしていくクソガキ光太にはむかつきますが
光太が梨花に買ってもらったパソコンが
マックの「パフォーマ」だったのには
懐かしさがこみ上げてきました。
証券を偽造する梨花はパソコンやコピー機を使っていましたが
印鑑を偽造するのは「プリントごっこ」だったのが
時代考証的に1994年らしさが表現されていました。
(本作には携帯電話も登場しません)

映画オリジナルの役として登場する隅(小林聡美)
梨花と対峙する「正しい人」です。
隅はいたってまじめ、というよりクソまじめで
論理的な思考や規律のようなものを露悪的に担った存在ですが
彼女の言い分はどう考えても正論。
いやいや、正しいだけが世の中じゃないよ、と。
梨花の反社会的な行動にも一理あって、
誰しもできるもんならやってみたいでしょ? というのに
ノレるかどうかが、
本作に満足できるかどうかの分かれ目なわけですが……
僕はまったくノレませんでした。

あくまで梨花がやったことは盗みでしかなく、
盗みと引き替えにするだけの大義が梨花にあればまだしも、
これを自由だなどといわれてはたまりません。
ネズミ小僧が許容できるのは
富の再分配という大義があるからで
自分の贅沢と若いツバメに貢ぐ金欲しさに
老人を騙して金をくすねる梨花

どうやって感情移入すればいいのでしょうか。
幼少時代の募金のエピソードも
いかなる問題提起や両義性も感じません。
「盗みは悪いことなんだから、とにかくダメ」なんて
つまんないことを言うつもりはありませんが
背に腹は替えられない事情があるわけではなく、
銀行強盗もののような、ひとを出し抜く痛快さもない
のでは
困惑するばかりです。
せめて、まったく人間てやつはどうしようもないね……という
悲哀を感じられればよかったけれど、
それもありません。

吉田大八監督は
梨花が悩まず後悔せず破滅に向かって堕ちてい姿を
「爽やかに」「疾走感をもって」描いたつもりといっていますが
太陽の光を浴びながら疾走する梨花の姿を見ても
ちっとも爽快感はありません。
あたかも小林聡美が演じた隅を
ルールに縛られて人生の喜びを知らない人間のように描いていますが
もし、梨花のような生き方を少しでも肯定しろというなら
僕たちは積極的に身勝手になって、
お互いを騙し、搾取し合えばいいのでしょうか。
それが、喜びに溢れた自由な生き方なんでしょうか。
ま、確かに動物本能的にはそうなのかもしれませんが、
動物は生きるために必要以上のことはしませんから。

「紙の月」とは、ペーパームーンであって
セリフでもたびたび登場する「偽物」てな意味ですが
空に浮かんだ月を偽物だからと指で消してしまう演出には
首をかしげます。
あの空に浮かんでる月はさ、本物の月だよ?
遠いだけで、偽物じゃないよ。

退屈な日常生活の鬱屈からの脱却、
たとえ反社会的であっても否定できない内在する欲望……
みたいなことを表現したかったのかもしれませんが
真面目に生きることをバカにされたように気分になります。

コメディにすればよかったのに。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ