" />

第七の封印

ill409.jpg



(原題:Det sjunde inseglet 1957年/スウェーデン 97分)
監督・脚本/イングマール・ベルイマン 製作/アラン・エーケルンド 撮影/グンナール・フィッシェル 音楽/エリック・ノードグレーン 美術/P・A・ルンドグレン
出演/マックス・フォン・シドー、グンナール・ビョルンストランド、ビビ・アンデショーン、ニルス・ポッペ、ベント・エーケロート、グンネル・リンドブロム

概要とあらすじ
スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが、中世ヨーロッパを舞台に人間の生と死、神の存在を問いかけた異色ドラマ。ペストがまん延する中世のヨーロッパ。長年にわたる十字軍の遠征から帰還した騎士アントニウスは、自分の後を死神が追ってきていることに気づく。死を宣告されたアントニウスは、自分の命を賭けて死神とチェス勝負をすることになるが……。主人公アントニウス役にマックス・フォン・シドー。第10回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。(映画.comより



あらゆる不条理を含み込んだ寓話

きら星の如く輝く数々の映画監督たちが
その影響下にあると公言する、
イングマール・ベルイマンについては
詳細かつ明晰な評論・分析が多く存在するだろうし、
僕のようなものがいまさら四の五の言っても
仕方がありません。
それでも、60年の時を経て改めてDVD化された
『第七の封印』を観て
無教養な人間なりの感想を野放図に綴ってみるのは
あくまで自分が感じとったものを記録に留めたいだけで
友人に誘われて初めてやったテニスのあとに
テニスって面白いねとでもいうようなものです。

改めてDVD化されたおかげかどうかわかりませんが
コントラストの高いモノクロの映像は非常にシャープで
黒はあくまで黒く、なおかつ質感が豊かです。

波打ち際で疲れ果てて横たわる
十字軍のアントーニウス(マックス・フォン・シドー)
ヨンス(グンナール・ビョルンストランド)
アントーニウスの前には
黒マントを頭からかぶった死神(ベント・エーケロート)
現れますが
アントーニウスは死神をチェスに誘い、
勝負に勝ったら見逃してくれと取引します。

しかし、チェスの勝負に勝てば死を免れるはずもありません。
これはあくまで時間稼ぎでしょう。
死神はそうとわかってチェスにつきあってるのです。
余談ですが、もしも死神が本当に存在するのなら
是非とも自分の忌の際には顔を見せて欲しいものです。
えっ? と思った瞬間に死んでしまうよりは
死神が来て、死に時だよと教えてくれるほうが
よっぽど気が楽です。

死神にチェスの勝負を挑むアントーニウスには、
人生の真理に納得していない様子が窺えます。
また、信仰心が強いにもかかわらず、
十字軍での戦いの経験からか
神への不信も露わにしています。

かたや、旅芸人のエピソードは
生活苦や嘲笑の的になるなどの苦しみはあるものの、
基本的に芸人に対する愛情に溢れています。
芸人ヨフ(ニルス・ポッペ)
ミア(ビビ・アンデショーン)夫婦は
嫉妬するほどの多幸感に満ちていて
愛すべきパートナーと愛すべき子供がいればすべてよしという
非常にシンプルな幸せがそこには存在します。
ヨフは夢見がちではありますが、
ヨフだけが幻を見ることができるのは
彼が純粋無垢な証しでしょう。

また、神学者の男が
盗賊に落ちぶれている
のは皮肉たっぷりで
信仰や権威に対する嫌悪感を表すメッセージが
わかりやすく込められています。

死神や生活苦とは別に登場人物たちを脅かすのは
「疫病」です。
疫病は、具体的にはペストのことですが
すぐさま昔読んだアルベール・カミュ
『ペスト(1947)』を思い起こしました。
この小説のなかのペストも、具体的な疫病でありつつ、
死が象徴する人生の不条理を象徴しています。
いつ訪れるかわからないけど、必ず訪れる死のメタファとして
ペストが題材になっているのですが
この作品に登場する疫病も
不条理な世界を表現するためのメタファの役割を
担っているのではないでしょうか。
旅芸人の座長に妻を寝取られた男に対して、
やけに詩的なヨンスが
「愛は疫病の中でもっともやっかいだ」
というのからもわかるように
この作品における疫病は
信仰・愛・運命・死などなど
自分ではコントロールできないものすべてを象徴するものとして
登場しているように思えます。

結局、ヨフ一家以外の全員が
死神と手をつないで「踊るように」召されていきました。
ヨンスが連れてきた女が放った
「終わるのね」
というひと言が心に残ります。

スタイリッシュな映像で綴られる物語は
多種多様なのものを含み、
寓話と現実が違和感なく混在するこの作品に
名だたる巨匠たちが惹かれるのは
やむを得ない、というか、でしょうね!って思うしかない
非の打ち所のない傑作です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ