" />

フォロー・ミー

ill401.jpg



(原題:The Public Eye 1972年/アメリカ・イギリス合作 93分)
監督/キャロル・リード 製作/ハル・B・ウォリス 原作・脚本/ピーター・シェイファー 撮影/クリストファー・チャリス 音楽/ジョン・バリー
出演/ミア・ファロー、トポル、マイケル・ジェイストン、マーガレット・ローリングス、アネット・クロスビー

概要とあらすじ
「第三の男」「オリバー!」の名匠キャロル・リード監督がピーター・シェーファーの戯曲を映画化した恋愛ドラマ。元ヒッピーのベリンダは偶然出会った上流階級出身の会計士チャールズと結婚するが、慣れない上流の暮らしに息の詰まる毎日を送っていた。そんな中、ベリンダの行く先々に白いコートを着た男が現れる。尾行されていることに気づきつつもベリンダは男に興味を持ち始める。主演はミア・ファロー。(映画.comより



荒んだ夫婦関係の修復に、無言デート!

『第三の男(1949)』の監督キャロル・リードの遺作、
というよりも
周防正行監督『Shall We ダンス?(1996)』の元ネタ、
というほうがなじみがあるかもしれない
『フォロー・ミー』
『Shall We ダンス?』では、
妻の浮気を勘ぐった夫が探偵を雇って妻の素行調査をすると……
という物語の男女を入れ替えています。
探偵事務所に『フォロー・ミー』のポスターが貼ってあるのは
オマージュというやつでしょう。

ベリンダに扮するショートカットのミア・ファローがみせる
少女のような奔放さは魅力満点。
教養はないけれど、好奇心旺盛な彼女は
僕が教えてあげるよという男の自尊心を
十分に満たしてくれます。
会計士チャールズ(マイケル・ジェイストン)
そんな彼女の素朴なかわいらしさに心惹かれたはずなのに、
いざ結婚すると自分が生きる上流階級に
適応できないベリンダに苛立つというのは、
さもありなん。
(約束の時間を守れないベリンダもどうかと思うが)
この作品は、恋愛と結婚とのギャップを
寓話的に描いたファンタジー
です。

チャールズに雇われた探偵クリストフォルー(トポル)
白いハンチングに白いコートという
およそ隠密行動にはふさわしくない出で立ち。
マカロンかじったり、ヨーグルト食べたり、
食べることばっかり考えているお調子者です。
チャールズを弄ぶかのようなマイペースぶりに
若干いらいらしてきますが
転々と職を変えているクリストフォルーは
本当の自分がどうあるべきか決めあぐねている一面もあるのです。

ベリンダを尾行するうちに、
クリストフォルーはベリンダに魅了されてしまいます。
ベリンダは『吸血鬼ドラキュラの花嫁』
『フランケンシュタインの逆襲』など
なぜかホラー映画ばかり選んで観ているのですが
やがて、自分が白ずくめの男につけ回されていることに気づくのです。
クリストフォルーはどうみても怪しいはずですが
ベリンダはクリストフォルーに気を許し、
ふたりのつかず離れずのデートが始まります。

この奇妙なデートシーン
言葉を交わすこともなく、遠巻きに視線を重ね合うだけで
相手に気持ちが伝わってしまう
初期段階における恋愛関係のみずみずしさ
表現しているように思います。
いつしかベリンダを尾行していたはずのクリストフォルーは
逆にロンドンの街を案内するようになるのです。

ついに堪忍袋の緒が切れたチャールズが
ベリンダを問い詰めると
なんと「マカロンを食べる男」と会っていると。
それはすなわち、クリストフォルーです。
激怒するチャールズでしたが
一方、クリストフォルーのほうも
ベリンダの心の中にはまだチャールズがいることを悟り、
キューピッド役をかってでることに。
クリストフォルーの白いコートを羽織ったチャールズは
ロンドン散策に出かけるベリンダを離れた位置から見つめ、
初めて出会ったときのトキメキに立ち返ろうとする、
というロマンチックな幕切れです。

洒落っ気たっぷりなラブストーリーですが
無言デートのギミックが魅力的な作品です。
パートナーと口も聞きたくないと思うほどの
倦怠期を迎えたご夫婦は
一度、無言デートを試してみるのはいかがでしょう?
「あの頃」に戻れるかもよ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ