" />

激戦 ハート・オブ・ファイト

ill394.jpg



(原題:激戦 Unbeatable 2013年/香港 116分)
監督/ダンテ・ラム 製作/キャンディ・リョン 製作総指揮/ユー・ドン、ジェフリー・チャン 原案/ダンテ・ラム、キャンディ・リョン 脚本/ジャック・ン、フォン・チーフォン、ダンテ・ラム 撮影/ケニー・ツェー 美術/チョン・シウホン 衣装/ステファニー・ウォン 編集/アズラエル・チュン 音楽/ヘンリー・ライ アクション監督/リン・チーワー
出演/ニック・チョン、エディ・ポンスー、メイ・ティン、ワン・バオチャン、クリスタル・リー、アンディ・オン、ジャック・カオ、フィリップ・キョン、ウィル・リュー

概要とあらすじ
「ツインズ・エフェクト」「密告・者」のダンテ・ラム監督が、「エグザイル 絆」のニック・チョン&「TAICHI 太極」シリーズのエディ・ポン共演で描いた格闘技アクション。借金を抱える元ボクシング王者ファイと、父親の会社が倒産して一文無しになった青年チー。格闘技で賞金を稼ごうとジムを訪れたチーは、そこで雑用係をしていたファイが元王者だと知り、弟子入りを志願する。タッグを組んだファイとチーは、プライドと賞金を賭けて過酷な闘いに挑む。香港のアカデミー賞と言われる香港電影金像奨では、作品賞をはじめ11部門にノミネートされ、ニック・チョンが主演男優賞を受賞。日本では2013年・第26回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門にて上映された。(映画.comより



「秘宝」激オシといえども……

日本公開が決まる1年前から
「映画秘宝」で激オシされていた
『激戦 ハート・オブ・ファイト』
期待するなというほうが無理でしょう。
ついに公開されたということで
胸の高鳴りを押さえつつ、観に行ってまいりました。
いやあ、まいりましたよ。まいった、まいった。
まいったなぁ……

ストーリーは『ロッキー』よろしく、
一度は生きる目的を見失った男が心を奮い立たせて
MMA(Mixed Martial Arts=総合格闘技)の大会に出場するために、
激しいトレーニングを積み、やがてリングへ、
というわかりやすいもの。
そこに絡んでくるさまざまな人間模様に泣かされ、
クライマックスで興奮した観客は
自分まで強くなったような気になって
シャドーボクシングをしながら映画館を後にする
……はずなんですが、
どうにもノリきれませんでしたよ、ぼくは。

まずは、金持ちの息子チー(エディ・ポンスー)
突然父親が破産して、貧乏のどん底に突き落とされ、
工事現場で肉体労働をするはめになるのですが
チーは憎たらしいボンボンではなく、
気ままに放浪するバックパッカーで
雲南省産の安いワインでも味さえよければ満足するような
理性も兼ね備えている好青年なので
突然貧乏になったというギャップに乏しく、
いまいち悲壮感がない
のです。
むしろ、親の金で豪遊するチーの友達のような
徹底的にちゃらんぽらんなキャラクターだったら
自業自得だよ、ざまあみろと思わされたあとで
立ち直っていく姿にグッときたかもしれません。
また、チーがMMAに挑戦する目的は
自分が戦う姿を見せて
やさぐれた父親に勇気を取り戻させることなのですが
これまた、なんだか人が良すぎるので
たとえ動機が不純でも、賞金目当てのほうがスッキリします。

チーが主人公かと思いきや、
本当の主人公は、元ボクシング・チャンピオンの
ファイ(ニック・チョン)
八百長試合で前科者になり、借金まみれのファイは
チーにボクシングを指導する師匠なのですが
48歳のファイもまた自分を取り戻すために
MMA出場を決意するので
どん底→特訓→リングへという流れが2本あることになり、
どうにも興味が一点に集中しません。
(映画宣伝的には、ファイが同居することになる母娘が
 人生の希望を取り戻すのが
 この復活劇のさらにもう1本の柱とのこと)

序盤で、この3本柱の説明に終始するのは
仕方がないとしても
それぞれのエピソードが散漫な箇条書きのよう
物語に引き込まれません。
とくにファイが同居する母クワン(メイ・ティン)と
娘シウタン(クリスタル・リー)
の家族に起こった
悲しい過去を先に見せるのですが
その後に事情を知らないファイが
シウタンから悲しい過去を打ち明けられるシーンがあるので
観客としては同じ話を2度聞かされることに。
観客が母娘の過去を先に知っておく必要はないので
ファイと同様に、変な母親だなあと思いながら観たあと、
シウタンが告白するときに回想シーンを入れれば
ああ、そんなことがあったのかと
ファイと一緒に驚くことができたと思うのですが
どうでしょう。

最初はお互いに警戒しあっていたファイと母娘は
徐々に打ち解けて心を通わせるようになるのですが
その過程は思いのほかコミカルで
あまりにもありふれた多幸感に満ちていて
観ていてくすぐったくなります。

母親を守るために自分は強くいようと
大人ぶった口をきくシウタンはかわいかったけど。

なんか、文句ばっかりいってるようですが
試合のシーンは迫力満点!
もう、この試合シーンがこの作品の評価のすべてを
担ってるんじゃないかと思えるほどです。
俳優たちの素晴らしい肉体はもとより、
試合の攻防も本物さながらで、痛さが伝わってきます。
チーを病院送りにしたいかにもヒールな相手と
ファイは対戦し……勝っちゃいます。
いいのかなぁ、勝っちゃって。
20年近いブランクのある48歳の師匠が勝っちゃうのは
甘すぎるような気がしますけど。
ていうか、どうせMMAを目指す流れが
2本あるんだったら
最後はファイとチーの師弟対決になってくれれば
もうちょっと燃えたかも。

迫力では及ばないかも知れないけれど
同じようにストレートな物語でいうなら
『百円の恋』の特訓〜リングという一連のシーンのほうが
よっぽどワクワクする高揚感を感じました。

信頼する「映画秘宝」の激オシとはいえ、
いつも自分にとって
大当たり!というわけじゃないということですよ。
ま、そりゃそうだよね。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ