" />

6才のボクが、大人になるまで。

ill382.jpg



(原題:Boyhood 2014年/アメリカ 165分)
監督・脚本/リチャード・リンクレイター 製作/リチャード・リンクレイター、キャスリーン・サザーランド 撮影/リー・ダニエル、シェーン・F・ケリー 美術/ロドニー・ベッカー 衣装/カリ・パーキンス 編集/サンドラ・エイデアー
出演/エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター、パトリシア・アークエット、イーサン・ホーク

概要とあらすじ
「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、12年かけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、大人になっていくメイソンは、やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、再婚して新たな子が生まれるなど、家族にも変化が生まれていた。(映画.comより



12年という歳月そのものが作品

主要な登場人物が12年をかけて同じ役を演じるという
前代未聞の制作方法が話題の
『6才のボクが、大人になるまで。』
まるで映画版『北の国から』のような本作は
さしずめ、主人公の少年メイソン(エラー・コルトレーン)が純、
姉のサマンサ(ローレライ・リンクレイター=監督の娘)が蛍、
母親のオリヴィア(パトリシア・アークエット)が
五郎さん
、てなところでしょうか。

いや、むしろリチャード・リンクレイター監督
「ビフォア三部作」のほうが『北の国から』に近い……って
そんなに『北の国から』になぞらえる必要ないだろ!
とは思うものの、
なにを撮っているのか関係者以外には知らせることもなく、
まるで折にふれては写真館で撮影する家族写真のように
映画を撮るというのは
誰にでもできるけど誰もやらない発想でしょう。
とにかく、この作品は
12年という歳月をかけて作ったのではなく、
12年という歳月そのものが作品なのです。
こんな途方もない企画を支援し続けた
IFCフィルムズの心意気に頭が下がります。

資金繰りの問題や製作陣の根気はいいとしても
主人公の少年エラー・コルトレーン
実際に6歳から18歳になるのですから
その間、監督が思い描くように成長するとは限りません。
最悪の場合、出演者が亡くなってしまうことがあるかもしれないし、
反抗期のエラーくんが、映画なんてもうやってらんねえよ!と
言い出すやも知れません。

顔に刺青を入れているかも知れません。
犯罪を犯して懲役20年をくらっているかもしれませんよ?
そんなことになったら、もうこの企画はおじゃんでしょう。
リンクレイター監督には、
制作途中で完成を断念するようなことになっても
それはそれで仕方がないというくらいの考えが
あったのではないでしょうか。

物語は、夫婦げんかに兄妹げんか、
キャンプに行ったり引っ越ししたりと
どんな家庭にでもごくあたりまえにある出来事ばかりです。
劇的な事件は一切起こりませんが
それがなおさらリアリティを与えてくれます。
シーンが変わって、
子どもたちが少しずつ成長している姿を目にすると
まるで近所のおっさんのように
「おまえ、メイソンか? 大きくなったな〜」
感慨深くなってしまいます。
子どもたちの成長ぶりは頼もしく、
なんだかワクワクさせられますが
時間の経過とともに大人たちが激太りしたり、
あきらかに老けていたりするのは、
ちょっぴり痛々しさもあります。

前半のメイソンは幼く、
まだ自分の力で人生をどうにかすることはできないのですから
観察者の役回りです。
メイソンの目を通して大人たちの生態が映し出されます。
母親は自立心が強く、努力家でもありますが
ことごとく男をみる眼がないのが難点。
というか、この作品に登場する男たちは
ことごとくダメなやつなのですが。

現実に経過していく時間そのままに映画を撮るということは
今日はメイソンが10歳のときのシーンを撮ろう、なんて
時間を遡って撮影することができないし、
美術や衣裳もの時代考証による演出ではないのですが
にもかかわらず、
アメリカの政治状況の変化や
ドラゴンボール〜ハリーポッター〜レディ・ガガ〜などの
エンターテイメントの流行、
初代からモデルチェンジするimac〜iphoneへと
その時代を象徴するようなアイテム
印象的に登場させているのは見事としかいいようがありません。
そのことがらやモノが
時代を表現するものになり得るという先見性がなければ
なしえないのではないでしょうか。

この作品のテーマは、ずばり「時間」
制作方法、子供の成長、家族に訪れる変化などなど
「時間」にまつわる事柄で溢れています。
ラストシーンで、
18歳になったメイソンと新しい恋人になりそうな女の子は
「一瞬」について語り合い、この作品を総括します。
メイソンがカメラに興味を示すのも必然で
写真は「一瞬」を切り取るものだし、
いわずもがな、映画は時間軸のある写真でしょう。

今時の親たちは、デジカメを使って
子供の成長を動画に納めたりしているんでしょうから
ものすご〜〜く上手に編集すれば
こんなものができるかもしれませんよ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ