" />

フランシス・ハ

francesha.jpg



(原題: Frances Ha 2012年/アメリカ 86分)
監督/ノア・バームバック 脚本/ノア・バームバック、グレタ・ガーウィグ 撮影/サム・レビ 美術/サム・リセンコ 編集/ジェニファー・レイム 音楽監修/ジョージ・ドレイコリアス
出演/グレタ・ガーウィグ、ミッキー・サムナー、アダム・ドライバー、マイケル・ゼゲン、パトリック・ヒューシンガー

概要とあらすじ
アカデミー脚本賞にノミネートされた監督作「イカとクジラ」のほか、「ライフ・アクアティック」「ファンタスティック Mr. Fox」などウェス・アンダーソン作品の脚本にも参加しているノア・バームバック監督が、ニューヨークを舞台にモダンダンサーを目指す主人公の女性フランシスと、彼女を取り巻く奇妙な友人関係を、モノクロの映像でいきいきと描いたドラマ。モダンダンサーを目指し、ニューヨーク、ブルックリンで親友ソフィとルームシェアをしながら楽しい日々を送っていた27歳のフランシス。しかし恋人に振られ、ソフィとの同居生活も解消になってしまったことから、居場所を求めて町を転々とするはめになる。周りの友人たちは次々と身を固めていき、焦りも感じたフランシスは、自分の人生を見つめ直していく。主題歌はデビッド・ボウイの「モダンラブ」。「ローマでアモーレ」などに出演した女優のグレタ・ガーウィグが主演・共同脚本。(映画.comより



ずっと子供みたいに、は

世の中には、
社会から求められる「年相応な役割」を軽やかに変態しながら
器用に生きている人もいるんでしょうが
『フランシス・ハ』のヒロインのように
どうにも「年相応な役割」をうまくこなせない人も
少なからず存在します。
うまくこなしている人のなかにも
無理をして「年相応な役割」を演じている人たちだっているはずで
だからこそ、この作品のヒロインは
魅力的に映るのでしょう。

「熟年のレズ・カップルみたい」といわれるのも尤もな
フランシス(グレタ・ガーウィグ)
ソフィー(ミッキー・サムナー=スティングの娘さん)
まるで子供のようにじゃれ合っています。
同じように大人になるのをこじらせた女の子二人組の
『ゴーストワールド(2001)』と似ていますが
『ゴーストワールド』の場合が
思春期真っ只中のティーンだったのに対して
こちらは27歳ですから事情が少し違います。
働いて生活しなきゃならないし、
そろそろ結婚なんて問題も出てくるころでしょう。
それにしてはフランシスは呑気で陽気。
今が楽しければそれでいいとでもいうように
将来に対する不安も
不安定な生活に対する後ろめたさもなさそうです。

フランシスとソフィーは大親友ですが
フランシスのほうが相手に対する依存度がより高め。
彼女自身は今の生活を変えるつもりもないのですが
ルームメイトでもあるソフォーが引っ越し、
さらに恋人と婚約するなど、
周囲がどんどん変わっていくので
自分も生活を変えざるを得なくなります。
そして、気づいたときには周囲とずいぶん差が出来ているのです。

生活がだらしのないフランシスは
新しいルームメイトの男性からも
「非モテ(字幕)」と言われるほどですが
どうにも憎めない無邪気さが魅力で、
それは観客も登場人物たちも同じように感じているでしょう。
コネを頼ってパリに行くくだりなど、
どうしようもなく間が悪い。
せっかくパリに来たのに、朝まで眠れず、
睡眠薬を飲んでやっと眠りについて目がさめたときには
すでに夕方。
知り合いに電話をするも繫がらず、
寂しくひとりで食事をしていると、
アメリカにいる喧嘩別れしていたソフィーから
婚約パーティーのお誘いが。
参加することもできず、もういいやとアメリカに帰ると
フランスの知り合いからパーティーのお誘い……
なにやってんだよ! と思うものの、
さすがに気の毒になってきます。

ダンサーの道をほぼ断たれた27歳のフランシスが、
母校で学生がやるようなアルバイトをしているのは
なかなか屈辱的だと思うのですが
(本人はわりとケロッとしてるけど)
厨房でシェフから「仕事できるねえ」と言われているのをみると
彼女は自分を活かせる居場所を見つけたのかもしれません。
これまた間が悪く、母校のパーティーで再会したソフィーが
べろべろに酔っぱらってフィアンセと喧嘩になり、
かつてのようにふたり仲良くひとつのベッドで眠った次の日の朝、
ソフィーは我に返ったようにフィアンセの元に戻ります。
去っていくソフィーの名前を
すがるように呼ぶフランシスでしたが
この別れが彼女に決定的ななにかをもたらしたのでしょう。

ラストシーンで、
『フランシス・ハ』というタイトルの意味が明らかに。
ここは、楽しみどころでもあるので
真相は伏せることにします。
フランシスは自立へ向けて、
ちょっと遅めのスタートを切ったのです。
あいかわらず「ヌケてる」部分はあるけれど。

全編モノクロのこの作品は
アニエス・ヴェルダあたりの、ちょっと可愛い
ヌーベルバーグ作品を思い起こさせます。
もっともあからさまなのは
デビッド・ボウイの『モダンラブ』をバックに
ドニ・ラヴァンが踊るように疾走する
レオス・カラックス監督『汚れた血(1988)』
予告編を観たときは鳥肌が立ちましたが
本編は予告編と編集が違い、
いまいちノれない使い方だったのが、ちょっと残念でした。

とはいうものの、フランシスに共感する人は
多いんじゃないでしょうか。
ほんとはみんな、ずっと子供みたいにはしゃいでいたいよね。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ