" />

千夜一夜物語

senyaichiya.jpg



(1969年/日本 128分)
監督/山本暎一 製作総指揮/手塚治虫 脚本/手塚治虫、深沢一夫、熊井宏之 作画監督/宮本貞雄 美術監督/やなせたかし 編集/古川雅士 音楽/富田勲
声の出演/青島幸男、芥川比呂志、岸田今日子、小池朝雄、橋爪功、三谷昇、加藤治子

概要とあらすじ
手塚治虫と虫プロダクションが挑んだ世界初の大人のためのアニメーション“アニメラマ”と名付けられたシリーズ第1弾。『千夜一夜物語』を題材に、実写とアニメの合成、マルチプレーンカメラの全面使用など斬新な手法を導入している。声の出演は青島幸男、芥川比呂志、岸田今日子など。バクダッドの水売り商人アルディンは奴隷市で一目惚れした女奴隷ミリアムを強引にさらってしまう。二人は互いに愛し合い幸せのひとときをおくるが、アルディンは富豪殺しのぬれぎぬを着せられ、二人の仲は引き裂かれてしまう。アルディンは監獄にぶち込まれるが、やがて看守長の手助けで脱獄を果たす。ミリアムの元へ急ぐアルディン。しかし、時すでに遅くミリアムはこの世を去っていた。自分を陥れたバドリーへの復讐を誓い、彼を追いかけるアルディンだったが、彼を待ち受けていたのは世にも不思議な冒険の数々だった…。(allcinemaより



大人向けって、エロのこと?

いまでこそ大人もアニメを観るようになりましたが
かつてアニメはあくまで漫画であって、
それは子供が観て楽しむものでした。
そのような風潮に対して現場の表現者たちが反発したのかどうか
成人向け長編アニメーションとして作られたのが
「アニメラマ」というシリーズで
その第一作目がこの『千夜一夜物語』です。
「アニメラマ」とは、「シネラマ」の語源を真似ていて
「アニメ+ドラマ」を意味するとのこと。
ロシアや東欧などでは
大人の鑑賞に耐えうるアニメが多く作られていますが
基本的に作家性が強い映像作品の趣で、なおかつ尺が短いので
劇場用の長編アニメとしてはやはり画期的だったのでしょう。
「アンパンマン」を描く前のやなせたかし
キャラクターデザインを務めています。

この作品のストーリーはオリジナルですが
『千夜一夜物語』(アラビアン・ナイト)といえば
『アラジンと魔法のランプ』『シンドバットの大冒険』など
子供向けのものも多く作られています。
では、この作品のなにが大人向けなのかといえば
ふんだんに盛り込まれた性描写
でしょう。
直接的に性を表現すれば、おのずから子供の観客は排除され、
結果的に大人向け作品となるのは当然なので
性描写があることをもってして「大人向け」とするのには
首をかしげざるを得ません。

ま、それは脇に置いておいて
制作スタッフや声優に名を連ねる豪華な面々をみれば
この作品に対する意気込みが伝わります。
プレスコ(先に録音した声優のセリフに合わせて絵を作る)による
声優たちの演技は生き生きとしていて、
なかでも主人公のアルディンを務める青島幸夫
まさに青島節というべき名調子です。
演出に関しても、かなり実験的かつ挑戦的で
通常のセルアニメのなかに、
実写映像やミニチュアを使った特撮などが随所に登場します。
また、スプリット・スクリーンによる演出も。
もっとも印象的だったのは、
画面を横に倒した構図で
やんちゃ娘のマーディアが全裸で泳いだ後、
悪徳警官のバドリーをびんたするシーン
でした。
最愛の女性ミリアムを奪われ、
自分は監獄送りとなってしまったアルディンは
それでもなんとか生き延びて
バドリーの屋敷にミリアムがいることを突き止めるものの時すでに遅し。
ミリアムはアルディンの子供ジャリスを産んだあと、
死んでしまったのです。
復讐心にもえるアルディンはバドリーを殺そうとするも
突然思い直し、
「あんたを殺したってミリアムが生き返るわけじゃねえしな。
 オレとしたことが、ちいせえ。ちいせえ。あっはっは」

と、笑いながら立ち去るのです。
なんだか達観した男だなと思っていると、
次のシーンでは、おなじみ「ひらけごま」の洞窟シーンとなり、
金銀財宝を盗もうと悪戦苦闘するアルディン。
このへん、どうもいまいちアルディンという人間がつかめず、
ただのいいかげんな男にみえてしまいます。
アルディンにホの字のやんちゃ娘マーディアを連れて
空飛ぶ木馬で到着したのは女護ヶ島
(にょごがしま。女だけが住んでいるといわれている伝説の島)
わんさかいる素っ裸の女性に囲まれてご満悦のアルディンは
あっさりマーディアを追い払うのです。
絡まる身体を官能的かつシュールに描いたシーン
杉井ギサブローによるもの。

女護ヶ島を脱出したアルディンが
なんでも願いを叶えてくれる船をみつけたところで前半が終了。
はっきりと二部構成になっているこの作品は
「15年後」という文字とともに後半へ。

魔神の夫婦が狂言回しとなっている後半は
ジャリスとアスラーンの物語
案の定、相思相愛のこのふたりも引き裂かれる運命です。
そこへシンドバットと名を変えたアルディンが再登場。
船のおかげで大富豪になっているアルディンは
お宝比べの果てにバグダッドの王様になるのですが、
でたらめな法律を作り、民衆を苦しめます。
この男、やっぱりよくわからない……
大臣にまで出世した悪徳警官のバドリーとも再会するものの、
前半で命を助けてやったエピソードが
活かされることはありません。
アルディンは飄々としているのを通り越して
ちゃらんぽらんなだけだし、
バドリーは最初から最後まで典型的な悪役だし、
キャラクター造形は非常に単純で幼稚ですらあります。
繰り返しになりますが
女性の裸を見せることで「大人向け」を標榜するのであれば
いささか大人を甘く見ているとしか思えません。

とまあ、ストーリーとしては
破綻していると言わざるを得ません。
また、友情出演で参加している面々が
遠藤周作、吉行淳之介、北杜夫、筒井康隆、小松左京、
大宅壮一、前田武彦、野末陳平、立川談志、大橋巨泉
などなど
錚々たる顔ぶれなのですが
どうやらそれぞれのもとへ出向いてセリフを録音しているらしく、
音声のレベルがまちまちなのも残念なところ。

とにかく、当時のアニメ・クリエーターたちの
野心と意気込みは十二分に感じられる作品です。

*参考にしたサイト「WEBアニメスタイル」
http://www.style.fm/as/13_special/mini_060116.shtml





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/29 (金) 16:31:23 | | # [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ