" />

吸血鬼ゴケミドロ

gokemidoro.jpg



(1968年/日本 84分)
監督/佐藤肇 脚本/高久進、小林久三 製作/猪股尭 撮影/平瀬静雄 美術/芳野尹孝 音楽/菊池俊輔 録音/中村寛 照明/青木辰夫 編集/寺田昭光 特撮監督/小嶋伸介
出演/吉田輝雄、佐藤友美、北村英三、高橋昌也、キャシー・ホーラン、高英男、加藤和夫、楠侑子、山本紀彦、金子信雄、西本裕行

概要とあらすじ
羽田を飛び立ったジェット機が、奇怪な現象に遭遇して岩山に不時着した。副操縦士杉坂、スチュワーデスのかずみ、次期総理候補真野、精神科医百武、ニール、徳安と法子夫婦、生物学者佐賀、自殺志願の青年松宮が生き残った。そしてもう一人、昏睡状態だった寺岡が突然、起き出した。彼は外国大使を暗殺して逃亡中だったのだが、間もなく青白い光体に吸い込まれ、顔面を細菌状の物体に犯されてしまった…(映画.comより抜粋



はじめまして。ぼく、ゴケミドロです。

もともと特撮マニアの間では評価の高かった
『吸血鬼ゴケミドロ』が再び注目を浴びた、のだとしたら
それはやっぱり、タランティーノ監督『キル・ビル』
引用されたことが契機になっているのではないでしょうか。

ユマ・サーマン扮するブライドが乗った飛行機が
真っ赤に染まった空に浮かんでいる
のと
(あえて「飛んでいる」ではなく)
まったく同じシーンが冒頭からいきなり登場します。
終末感というか地獄感が半端ないのですが
飛行機を飛ばすんならあのシーンだ! と
『吸血鬼ゴケミドロ』が頭に浮かぶタランティーノは
やっぱりかなりの変態オタク。

ブリタニア日本大使がライフルで暗殺されたという新聞記事を読んでいる
次期総理候補の真野(北村英三)がまずは登場。
その真野の太鼓持ちで、いかにも調子良さそうな徳安(金子信雄)
機内でタバコをぷかぷか吸っていて、
ブライドが機内に日本刀を持ち込んでいたのを思い出します。

すると突然、鳥が激突して窓が血だらけに!
え? 高度は? なんて疑問を抱く暇も与えず
コクピットでは時限爆弾が仕掛けられているとの情報が管制塔から入り、
急遽飛行機は空港に引き返すことに。
乗客には爆破予告があったことは伏せて、
手荷物検査を始める副操縦士の杉坂(吉田輝雄)
先に申し上げておきますが、この副操縦士の杉坂は
ものすごい正義漢で、リーダーとか刑事とか探偵とか
いろんな役目をぎゅっと固めたようなヒーローなのです。
手荷物検査の最中には、真野や徳安をはじめ、
精神科医の百武(加藤和夫)、宇宙生物学者の佐賀(高橋昌也)
夫がベトナム戦争で戦死した未亡人・ニール(キャシー・ホーラン)など
それぞれが勝手に立ち上がって杉坂に文句を言ったり、
勝手な持論を展開したりします。

すべて調べ終えると、なぜかベッドの下に不審なトランクが
爆弾が入っているかもしれないのに
杉坂はドライバーでちゃちゃっとトランクを開けちゃいます。
トランクの中に謎の薬品が入った小瓶を発見すると
ためらいもなく栓を抜き、あららとこぼすと
溶けたトランクに仕込まれたライフルが露わに。
そこに逃亡中のテロリスト・寺岡(高英男)が現れて
なんと、ハイジャック! 沖縄へ行けと命令します。
もしかして、これが沖縄へと向かうブライドのシーンに引用した根拠か?
(どうでもいいか、根拠なんて)
仕方なく沖縄へ向けて操縦桿をきると
今度は前方から謎の光る飛行物体が!
エンジン損傷! 不時着!
そしてここで、タイトル『吸血鬼ゴケミドロ』どーーーん!!

鳥の激突に始まって、
→時限爆弾→ハイジャック→謎の光る飛行物体→不時着、と
次から次へと致命的なトラブルが立て続けに起こり、
一体、どれが最も重要な問題なのかわかりません!
なぜこの飛行機にこれほどまでトラブルが集中しているのでしょうかっ!
そもそも、空が真っ赤になっている時点で異常事態なのだからして
フライトするべきではなかったのです!!

不時着によって機長は命を落としましたが
その他の登場人物たちは、ほぼ無傷のまま。
あいかわらずそれぞれが勝手なことを言い合っています。
ほとんど理屈が通じず、いつもうるさい徳安は
卑劣漢=金子信雄の独断場といったところですし、
政治家の真野は、飛行機が墜落したにも拘わらず、
次の総裁選に間に合わないじゃないか! と、まくしたて
隙を見ては、徳安の妻(楠侑子)といちゃつく鬼畜ぶりです。
ほかのメンバーはスコップで自分の墓を掘ったりして
まるで生き延びるのを諦めているかのよう。
すると、なぜかバケツに入っていたガソリンに
タバコの火が引火して、大慌て。
なにやってんの?

テロリスト寺岡は、
スチュワーデスの朝倉(佐藤友美)を人質にして逃亡。
この朝倉を演じる佐藤友美が、スタイル抜群でなんとも色っぽい。
すると、岩の陰に着陸(?)していた謎の光る物体に遭遇し、
パルス音に導かれたテロリスト寺岡の額がパッカーンと割け、
その裂け目から宇宙人に乗り移られて、吸血鬼と化すのです、
宇宙人から吸血鬼? そうです、そのとおりです。

このあとの催眠術のシーンとか、面白ポイントなんですが
キリがないのでスルーして
ひとりで英語をまくしたてていた未亡人ニールの
「戦争は嫌だ! みんなが悲惨になるから」というセリフだけが
突如としてスーパーで挿入されます。
この時代の特撮映画に通底する、
反戦や愚かな人間に対する批判的態度が
この作品でも終始貫かれています。

やがて、宇宙人は徳安の妻の身体を通じて自己紹介。
自らを、人類を滅ぼすために地球にやってきた
「ゴケミドロ」だと名乗ります。

名前は明かしても「ある惑星から〜」と
出身地に関してはお茶を濁すのが、じわじわきます。
ちなみにWiki調べによると、「ゴケミドロ」の名の由来は
「西芳寺(苔寺=こけでら)」
「深泥池(みどろいけ)」から着想したそうで、
当初は「コケミドロ」としたところ、
映画で「コケ(る)」は禁句だそうで
濁点をつけて「ゴケミドロ」としたのだとか。
さらに余談ですが、赤く染まった空は
美術の職人さんがセットの背景に描いたものだそうですが
不時着して以降のロケシーンの空は
どピーカンの青空
です。

宇宙人に乗り移られた人間は吸血鬼ですから
喉に噛み付いて血を吸うわけですが、
噛み付かれた人間が吸血鬼になるわけではなく、
ミイラにようになって死んでしまいます。
あれやこれやで、テロリスト寺岡に襲われた杉坂と朝倉は
足元にあったバケツのガソリンを寺岡に浴びせ、
火をつけて撃退します。
なんと、さっきのあれ、伏線だったのかよ!
なんとか逃げ出した杉坂と朝倉が街へと向かうと
そこはすでに血を吸われた人間たちの死体で覆われていたのでした。
このへんで、絶望的な余韻を残しながらジ・エンド!
と、できるタイミングはいくらでもあるのですが
終わりそうでなかなか終わらず、
三浦半島のSFチックな岩場で途方に暮れるふたりを
空撮で捉えたカメラがどんどん引いていき、
ついには宇宙まで飛び出すと、大量のUFOが地球目がけて襲来。
青い地球が泥団子みたいになって終わるのです。

とにかく、ツッコミどころが満載なのですが
表現に対する異様な情熱のようなものが感じられ、
なにやら得も言われぬサイケなパワーに満ちあふれた
作品であることには違いありません。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ