" />

スノーピアサー

snowpiercer.jpg



(原題: Snowpiercer 2013年/ 韓国・アメリカ・フランス合作 125分)
監督/ポン・ジュノ 製作/パク・チャヌク、イ・テフン 原作/ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグラン、ジャック・ロブ 脚本/ポン・ジュノ、ケリー・マスターソン 撮影/ホン・ギョンピョ 音楽/マルコ・ベルトラミ
出演/クリス・エバンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタビア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス

概要とあらすじ
「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」などで知られる韓国の鬼才ポン・ジュノが、欧米のキャストを招き、初めて手がけた英語作品。再び氷河期へと突入した近未来の地球を舞台に、生き残った人類を乗せて走り続ける列車の中で起こる抗争を描く。2014年、地球温暖化を防止するため78カ国でCW-7と呼ばれる薬品が散布されるが、その結果、地球上は深い雪に覆われ、氷河期が再来してしまう。それから17年後、かろうじて生き延びた人々は「スノーピアサー」と呼ばれる列車の中で暮らし、地球上を移動し続けていた。列車の前方は一握りの上流階級が支配し、贅沢な生活を送る一方、後方車両には貧しい人々がひしめき、厳しい階層社会が形成されていた。そんな中、カーティスと名乗る男が自由を求めて反乱を起こし、前方車両を目指すが……。出演はクリス・エバンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタビア・スペンサー、ジェイミー・ベル、エド・ハリス。原作はフランスのグラフィックノベル「Le Transperceneige」。(映画.comより



CWといえば、ニコル。ですがぁ…

最近、人類が富裕層と貧困層に分断されるという
近未来SFのディストピアものがほんとに多いですね。
それほどこの設定が
リアリティを感じる未来像ということなのか、
それともすでに現実がそうなっているからでしょうか。
多くの場合、富裕層と貧困層は上下で分けられるのですが
『スノーピアサー』の場合は横方向です。

誰もが指摘するように無茶なところが多いこの作品。
地球温暖化に歯止めをかけるために
CW-7という人工冷却物質を散布したら
冷え過ぎちゃって、人類滅亡して氷河期になっちゃった!

という頭が悪すぎる設定は、もうこの際飲み込もう。
宇宙人が攻めてきたとしても、隕石が落ちたとしても
この作品の世界が陥っている状況に変わりはないのだから。
とはいえ、生き残った人類が乗り込んだ「走る箱船」と呼ばれる列車は
なんで走り続けていなければならないのかよくわからないし、
搭載しているエンジンが永久不滅なのはいいとしても
じゃ、燃料はどうしてんの? という素朴な疑問が。
ま、とにかく逃げ出せない状況だということが重要で、
列車の最後尾から先頭車両を目指すシチュエーションが
後戻りも回り道もできないというのが肝心なのでしょう。

最後尾の車両に押し込められて
黒いこんにゃくみたいな
「プロテイン・ブロック」ばかりを喰わされている貧困層の人たちは、
カーティス(クリス・エバンス)をリーダーにして
クーデターを企てています。
彼らの目的は、鉄道の所有者で独裁者の
ウィルフォード(エド・ハリス)がいる先頭車両にいくこと。
それぞれの車両は堅牢な扉で閉ざされていますが
その扉を開く方法を知っているのが
システムの設計者でもあるナムグン(ソン・ガンホ)
ナムグンとナムグンの娘ヨナ(コ・アソン)
クロノールというドラッグの中毒で
死体安置室みたいな牢屋で眠ってところを
カーティスに起こされ、扉を開けるのを手伝うように言われて
行動を共にするようになります。
どういうわけか、娘のヨナには透視能力が。
ポン・ジュノ監督作なのだからして
この「グエムル親子」が最後まで生き残るのは
必然と言えば必然なのです。

ウィルフォードの右腕で
列車内体制の「総理」と呼ばれているメイソンを演じる
ティルダ・スウィントンが、いつもの美しさはどこへやら、
悪ふざけとも言うべき怪演をみせています。
憎たらしい態度とは裏腹に、この作品のコメディ担当です。

狭い列車のなかで行なわれる戦闘シーンは
圧巻とまでは言えないけれど、それなりの迫力です。
体制側が機関銃を下げているものの、じつは銃弾がないというのが
韓国バイオレンスには欠かせないナタによる乱闘
いい口実となっています。
(じつはやっぱり銃弾はあったんだけど)
どうやらこの列車はちょうど1年かけて世界を一周しているらしく
ある決まった地点に来ると年明けということで
体制側の兵士たちが戦いの手を止めて
一同「ハッピーニューイヤー!」と叫んだりするあたりは
ポン・ジュノ監督お得意のスカシでしょうな。

メイソン総理を人質に取った反乱軍が前の車両へと進んでいくと
そこは汚い最後尾の車両とは別世界。
農園に精肉所、水族館にプールに寿司バーまであって、
ところどころで聞こえる日本語には、つい反応してしまいます。
さらに、幼稚園やテーラーや美容室、バーにクラブと
先に進むほど富裕層の飽食ぶりが色濃くなっていくのです。

ついに先頭車両までたどり着いたカーティスとグエムル親子。
たどり着いたのがたった3人てのは、これでいいんだろか。
ナムグンがやたらと欲しがっていたドラッグのクロノールは引火性が強く、
氷に包まれた外の世界が
少しずつ暖かくなり始めていることに気づいていたナムグンは
クロノールを固めた爆弾で扉を破壊し、
列車の外へ出ようと企んでいたのでした。
自分の思惑とは違う行動をとるナムグンに過去を打ち明けるカーティス。
なんと最後尾の車両では空腹のあまり人を食ってた、と。
悲惨な状況はわかるけど、あんまり同情はできない告白。
しかも「赤ちゃんが一番うまいんだ。おれはなんてことをしたんだ!」
って言われても、感情移入しづらいわ。

カーティスの告白も、そこそこ驚きの事実でしたが
ついにウィルフォードと対峙したカーティスが知る真相とは
信頼していた貧困層の長老ギリアム(ジョン・ハート)
じつはウィルフォードとグルで、
カーティスたちが起こしたクーデターも
システムのバランスを取るためのシナリオだったことが判明。
この列車自体が、現実社会の縮図を表現していることは
おのずからわかるわけですが
ウィルフォードは「この列車が世界なんだ」
ご丁寧にセリフで説明してくれます。
これだけでも、そこそこのどんでん返しなのに、
さらには連れ去った5歳以下の子供を
動力の一部として働かせていた
という設定までつけ加えたのは
余計だったように感じます。
なんで、ヨナが床下にいた子供を発見できたのか一瞬わかりませんでしたが
そうか、透視か。……透視ねえ。

一直線に進む舞台の構造はいいとしても
結局、前へ前へと敵を倒して突破するほかなく、
いかんせん物語も一直線で
主人公たちに襲いかかるピンチのバリエーションに
乏しかったのは残念なところ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ