" />

炎628

honoo628.jpg



(原題: Come and See/ IDI I SMOTRI 1985年/ソ連 143分)
監督/エレム・クリモフ 原作/アルシ・アダーモヴィチ 脚本/アルシ・アダーモヴィチ、エレム・クリモフ 撮影/アレクセイ・ロジオーノフ 音楽/オレーグ・ヤンチェンコ
出演/アリョーシャ・クラフチェンコ、オリガ・ミローノワ、U・バグドナス、カジミール・ラベッキー

概要とあらすじ
第2次大戦を背景に白ロシアのハトィニ村の人々の悲惨な運命を描く。監督・脚本は「ロマノフ王朝の最期」のエレム・クリモフ、共同執筆はアレクサンダー・アダモーヴィチ、撮影はアレクセイ・ロジオーノフ、音楽はオレーグ・ヤンチェンコ、美術はヴィクトル・ペトロフが担当。1943年、ドイツ軍に占領されていた小さな村。村の少年たちが砂山を掘り返していた。その少年の一人フリョーラ(アリョーシャ・クラフチェンコ)は、パルチザン部隊に加わった。ひとたびパルチザンに入ると、二度と家族には会えない。パルチザンのキャンプのある深い森。そこでの生活は少年には苛酷だった。(映画.comより抜粋



子供から全てが始まる

はるか昔にVHSで観た『炎628』
いまでもダビングしたテープを持っているのですが
改めてDVD化されたということで観てみることにしたのです。
あいかわらず、自分がなんにも覚えていなかったことに辟易しましたが
歳を重ねて受け取り方が変わったような気もします。

1943年、ドイツ軍統治下の白ロシア(現ベラルーシ)の砂地で
ふたりの子供が砂を掘っては、銃を見つけようとしているのを
老人(どうやら村長)が説教するシーンで始まります。
ふたりの子供のうちのひとりが、
主人公フリョーラ(アリョーシャ・クラフチェンコ)ですが
年下の子供に指示されている姿を見ると
彼は見た目より精神的にかなり幼いような気がします。
過酷な戦闘が続くなかで、フリョーラは無邪気にも
パルチザンの兵士となって戦うことに憧れているようです。
兵士になるということは
死を覚悟しなければならないわけですが
フリョーラはその深刻さに気づきもせず、
母親がどんなに泣いて引き留めようとも
嬉々としてパルチザンのもとへ出かけていってしまいます。

とくに前半は、フリョーラが少年から大人になるまでの
成長物語
になっています。
パルチザンに加入したあとも子供扱いされ、
美女のグラーシャ(オリガ・ミローノフ)を前にしても
憧れをもつだけでなにもできない幼さが残っています。
ど迫力の爆撃シーンのあと、グラーシャを連れて
母親と可愛い双子の妹がいる実家に帰ったフリョーラは
村中が皆殺しにされたことを知ります。
実家にはまだ暖かいスープが残っていたことから
殺戮の性急さが窺えますが
家の裏に放置された死体の山を背に走り出したふたりが
ドロドロの沼を渡るシーンが圧巻です。

なかば精神崩壊したようなフリョーラは、
別のパルチザンに拾われますが、
ヒトラーの人形を作るために髪を切られるフリョーラの姿は
まるで断髪式でもやっているかのようで
成人するための通過儀礼のように見えます。
冒頭の村長の警告を聞かずに、砂の中から銃を見つけ出したことが
家族を死に追いやったと考えているフリョーラは
かつてのような無邪気な少年ではなく、
大きな代償を払って大人になったのかもしれません。
もちろん現実の大人は、
フリョーラが憧れていたような立派なものではなかったのですが。

食糧を探しに出かけたフリョーラたちが襲うのが
同じようにナチスに虐げられている別の村の住民であることは、
やりきれない気持ちになりますが
ひとり生き残ったフリョーラをかくまってくれた村での
狂気の殺戮シーンが本当におぞましい。
これは、ナチス親衛隊の特別行動隊「アインザッツグルッペン」が行なった
事実に基づく虐殺だそうですが
村人を教会に閉じ込め、手榴弾を投げ込み、
銃を放射したうえに火を放ちます。
それも優先的に子供を殺そうとしているのです。
阿鼻叫喚のなか、燃えさかる教会のまわりを取り囲んだナチス親衛隊たちの
乱痴気騒ぎに背筋が凍ります。
しかも、そのような無残な虐殺を行なう前に
貧しい村人に酒と料理を振る舞わせているのですから
どうしたら、ここまでの凶行を平気で行なえるようになるのか
改めて不思議でなりません。
『炎628』の「628」とは
このようにして焼き尽くされた村の数
だとか。

その後、パルチザンによって捕らえられたナチス親衛隊の隊長の
クソみたいな言い逃れにはヘドが出ますが
別の指揮官が言いはなったセリフが強烈です。

 子供から全てが始まる
 生かしてはおけない
 貴様らもみんな死ね
 貴様らの民族に未来はない
 共産主義は下等人種に宿る
 絶滅させるべきだ


政治的イデオロギーや民族の違いによって
これほどの憎しみや蔑視の感情を持つことができるということ自体が
恐ろしいし、もしかしたら自分にもありえることなのかもしれないと
考えざるを得ません。

ナチス親衛隊を処刑したあと、
水たまりに落ちていたヒトラーの肖像に向けて
フリョーラが繰り返し発砲するのと重ねて
ニュース映像が逆回しで映し出されるシーン

心からの激しい怒りに満ちあふれています。
どんどん時間を遡る映像は、
ついに赤ん坊のヒトラーを映し出し、
フリョーラはそこで発砲をやめる
のです。

さきの「子供から全てが始まる」という言葉からすれば
赤ん坊のヒトラーこそ殺してしまわなければならない存在でしょうが
ここで、フリョーラが躊躇したことが
そのような狂信的な考え方を否定するものだと思われます。
赤ん坊のヒトラーを殺してしまうこと、
それはナチス親衛隊がやっていることと同じこと
なのです。

もともと間の抜けたような顔のフリョーラが
少年から大人になるどころか、
どんどん顔が老けていく
のをみているだけでも心に痛いし、
カメラ目線を多用するこの作品が放つ
メッセージを伝えようとする気迫から
逃れることはできないでしょう。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ