" />

ウォーム・ボディーズ

warmbodies.jpg



(原題: Warm Bodies 2013年/アメリカ 98分)
監督/ジョナサン・レビン 原作/アイザック・マリオン 脚本/ジョナサン・レビン 撮影/ハビエル・アギーレサロベ 美術/マーティン・ホイスト 衣装/ジョージ・L・リトル 編集/ナンシー・リチャードソン 音楽/マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
出演/ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ロブ・コードリー、デイブ・フランコ、アナリー・ティプトン、コリー・ハードリクト、ジョン・マルコビッチ

概要とあらすじ
食べるつもりで襲った人間の女子に一目ぼれしてしまったゾンビ男子の恋を描く異色のゾンビラブコメディ。謎のウィルスにより人類の半分がゾンビ化した世界で、生き残った人々は高い壁を築いて武装し、ゾンビから身を守りながら生活していた。廃墟となった空港に暮らすゾンビのRは、ある日、壁の外に食糧を調達しにきた人間たちを襲撃するが、ショットガンを構えた少女ジュリーに一目ぼれしてしまう。Rはジュリーを自分の住まいに連れ帰り、当初は戸惑っていたジュリーも、Rの優しさに次第に心を開いていくが……。監督は「50/50 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レビン。(映画.comより



据え膳喰わぬは男の恥!

ゾンビのバリエーションもここまで拡がったかと思えば
感慨深い『ウォーム・ボディーズ』
ゾンビが人間の女の子に恋をするという設定よりも
ゾンビの独白を聞けるという意味で
新鮮なのではないでしょうか。
のろのろ歩くとか、頭を打たれると死ぬ(?)とかいう
ゾンビの基本設定はそのままに
ゾンビの内面を扱ったこの作品では
ゾンビは自分の名前や死因を忘れていて、
人間を食べることに一応の葛藤があるとか、
脳みそを食べるとその人間の記憶が蘇る
などの新設定が
つけ加えられています。

ま、そうはいっても
ゾンビが人間に親和性があるということにしてしまうと
敵らしい敵がいなくなるので「ガイコツ」という
メタゾンビを設定せざるを得ないわけですが
できれば、「ガイコツ」のような完全悪を設定せずに
ゾンビと人間との戦いと和解のなかで
なにかを描いてくれたほうがよかったと思います。

ゾンビのR(ニコラス・ホルト)
人間を襲いに行った先でジュリー(テリーサ・パーマー)
一目惚れ。
ここで流れる音楽がバカみたい。
意図しているのかどうかわかりませんが、
この作品で流れる音楽は、基本的にバカみたいな音楽です。
Rはジュリーを住処の空港に連れて帰り、
なぜかジュリーもノコノコついてくるのですが
おそらく現代よりも先の未来を描いているこの作品で
アナログレコードを聴いているRは
相当なオタク&引きこもりなはずで
この時点で、この作品におけるゾンビが
世間に受け入れられないマイノリティを表していることは
容易に想像がつきます。
最初は警戒していたジュリーは徐々にRと打ち解け、
擬似同棲生活を楽しむ姿は
ある意味ストックホルム症候群的ですが
おそらくそんなことはどうでもよく、
恋を始めたばかりの若者のじゃれあいを描く
のが
目的でしょう。
おしむらくは、Rがジュリーのことを
やっぱ食べちゃおうかな〜と逡巡するようなシーンが
一度もなかったこと
です。
Rがジュリーを食べてしまわない理由には
プラトニックな恋愛に対する美化が根底にあるような気がするし、
「食べる」=「セックス」なのは明白ですから
例えば、Rがジュリーの指にキスして冷やっとするシーンがあるとか
せめてセリフで「食べちゃいたいくらい愛しい」とか
言ってくれれば気が利いてるのにね。

後半から、おそらくは確信犯的に
『ロミオとジュリエット』や『プリティ・ウーマン』を引き合いに出して
身分が違うものどうしの禁断の恋愛ストーリーに
なっていきます。
ふたりの愛が盛り上がるためには、逆境が必要なわけで
それが父親のグリジオ大佐(ジョン・マルコビッチ)ですな。

結局は「愛」という名のオールマイティカードで
オールオッケーになるという、
想像以上に軽い作品でした。
ゾンビを題材にしているものの、さほどゾンビ愛は感じられず、
先述した音楽のセンスの無さと同様に
ギャグのセンスもありません。
とんでもなく非道い作品ではないけれど
ま、カップルが手をつないで観ればいいんじゃないの?
いちゃいちゃすれば、いいんじゃないの?





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ