" />

陸軍登戸研究所

rikugunnoborito.jpg



(2012年/日本 180分)
監督・プロデューサー/楠山忠之 撮影/新井愁一、長倉徳生、鈴木麻耶、楠山忠之 録音/渡辺蕗子 編集/楠山忠之朗 読石/原たみ 聞き手/石原たみ、渡辺蕗子、宮永和子
、山忠之 ナレーション/楠山忠之

概要とあらすじ
秘密兵器の開発拠点としてさまざまな実験が行われ、敗戦後に証拠隠滅のため歴史から抹消された陸軍登戸研究所の真相に迫ったドキュメンタリー。第1次大戦直後から密かに行われていた毒ガス兵器や諜報、防諜などに対応する資材、兵器の開発研究の流れを受け、1937年、神奈川県川崎市生田の丘陵地に陸軍の実験場が設立される。実験場はのちに「陸軍第九技術研究所」(秘匿名:登戸研究所)となり、太平洋戦争による戦乱の拡大で、最盛期には1000人に及ぶ所員が殺人光線、生体実験、毒物・爆薬の開発、風船爆弾、ニセ札製造など、多岐にわたる研究に携わったと言われる。戦後、歴史から存在が抹消された研究所で何が行われていたのか、6年に及ぶ歳月をかけてその謎を追い、当時を知る関係者らの証言を得て、全貌を明らかにする。(映画.comより



戦争のバカバカしさはかくのごとき

「陸軍登戸研究所」というものの名前を耳にしたことがあっても
具体的にそこで何が行なわれていたのか知らなかった僕のような人間にとって
いろんなことを教えてくれる作品です。
巨大な風船爆弾を押す女性工員たちの写真に胸躍らせ、
楽しみにしていたものの劇場公開を取り逃がし、
やっとポレポレ東中野で観ることができました。

とはいえ。
6年もの歳月をかけて撮影された制作者の熱意には敬服するものの、
きっちり180分の上映時間はさすがに長いと感じました。
たとえドキュメンタリーとはいえ、映画として上映するからには
観客を惹きつけるだけの展開の起伏やクライマックスが必要だと思うのですが
基本的に当時「陸軍登戸研究所」に従事した方々の
証言のみによって構成されたこの作品は
かなりの集中力を要するものだといわざるを得ません。
高齢の証言者たちの言葉は、おのずから聞き取りづらく
先述したようなビジュアル的な面白味は皆無です。

大きくは三部構成になっているのですが
個人に焦点を当てたかと思えば、風船爆弾から偽札づくりの話となり、
また個人の話に戻ってみたりと、話題の焦点が掴みづらく、
個々の話が面白いだけに残念な構成でした。

もちろん、大変意義のある内容であるだけに
映画としての出来を疑うのは気が引けるのですが
事前情報から僕が勝手にイメージしていたのは
戦争のための道具にもかかわらず、選ばれた科学者たちは
嬉々として研究に没頭していたという感覚のギャップの不可思議さ
でした。
もちろん、そのギャップを感じられる部分も大いにあるのですが
聞き取りづらい証言者の言葉を律儀に映す編集は
一体観客をどこへ導こうとしているのかわからず、
ドキュメンタリーとしての面白さより、
当事者たちの証言を記録した資料映像として価値があると思える作品でした。

そのような散漫な作品全体に対する不満を脇に置いて考えると、
陸軍登戸研究所に従事した人たちが
それなりに誇らしげであることは感じ取れます。
陸軍登戸研究所で行なわれていた研究の発想そのものがスパイ映画的で
みみっちくも遠回り
なのが面白いところ。
面白いなんていうのは不謹慎かもしれませんが
それほど非効率で奇想天外なのです。
アメリカが広島と長崎に落とすための原爆を作っている最中に、
爆弾をぶら下げた気球をぷかぷか浮かべて
アメリカ本土を攻撃しようと考えていた
のですから
ある意味、牧歌的です。

偽札をつくってインフレを起こすという発想も
レインボーマンの死ね死ね団と全く同じ発想で
それなりの効果はあったようですが、なんともトホホな計画ではあります。
(むしろ死ね死ね団が、これをモデルにしていたりするのかな?)

当たり前といえば当たり前ですが、
証言者として登場する人たちはみな高齢で
やがて戦争体験者がいなくなってしまうのが自明のことであるならば
(もちろん今後、日本が戦争を起こすことなどないと楽観的に仮定した上で)
このような証言を糧にした、僕たち日本人の想像力が
試されることになるのでしょう。







にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ