" />

危険なプロット

kikennaplot.jpg



(原題: Dans la maison 2012年/フランス 105分)
監督・脚本/フランソワ・オゾン 原作/フアン・マヨルガ 撮影/ジェローム・アルメラ 美術/アルノー・ドゥ・モレロン 衣装/パスカリーヌ・シャバンヌ 編集/ロール・ガルデット 音楽/フィリップ・ロンビ
出演/ファブリス・ルキーニ、クリスティン・スコット・トーマス、エマニュエル・セニエ、エルンスト・ウンハウワー、ドゥニ・メノーシェ、ジャン=フランソワ・バルメール、パスティアン・ウゲット

概要とあらすじ
フランソワ・オゾン監督が、文才あふれる少年と彼に翻弄される国語教師が繰り広げる心理戦を描いた作品。かつて作家を目指していた高校教師ジェルマンは、生徒たちの作文を採点している最中、男子生徒クロードが書いた文章に目を留める。それは、あるクラスメイトとその家族を皮肉につづったものだった。クロードの感情あふれる文章に危うさを感じながらも、その才能にひきつけられたジェルマンは、クロードに小説の書き方を指導していくが……。(映画.comより



空想の中でしか生きられない

フランソワ・オゾン監督の作品といえば、
たぶん『焼け石に水』『まぼろし』あたりを観て
非常に気分が悪くなったのを覚えています。
あけすけな性描写があるのはいいけれど
(いいのかよ)
登場人物たちの人生をもてあそんで喜んでいるような、
そんな印象がありました。
それはすなわち、映画を観ているこちらの心をもてあそんでいるわけで
なんだか馬鹿にされているように感じたのです。
それ以来、悪い印象しかなかったのですが
久しぶりにフランソワ・オゾン監督の
『危険なプロット』を観てみると
やっぱりひとの人生をもてあそぶような作品で
主人公の少年に監督自身を投影しているように思えました。

それでも、これまでの作品ほど悪い印象を受け取らなかったのは
この作品からはコメディとしての側面が強く感じられるのが
一因なのかな、なんて思っています。
国語教師ジェルマン(ファブリス・ルキーニ)の風貌が
ウディ・アレンみたい
だなと思っていたら
この作品にはウディ・アレン作品の影響があると
監督自身が認めているようなので、確信的なのでしょう。

スペイン人作家フアン・マヨルガの戯曲
『The Boy in the Lat Row』
が原作のようですが
元となった戯曲のことなどなんにも知らないので
これは単なる覚え書き。おほほ。

これからうちの高校は制服制にします、という
物語とは直接関係のなさそうなエピソードから始まりますが
これは誰もが感じるように
均質化、平均化、グローバル化の象徴であり
個性を認めないうえに、階級や貧富の差を覆い隠してしまう行為です。
同じ制服を着ていることで、
ラファのように「中産階級」だったり
クロード(エルンスト・ウンハウワー)のように
父親がケガをして働けない父子家庭だったりと様々なはずなのですが
そんな個人の生活環境の違いを
制服は表面上、判別不可能にしてしまいます。
それはあたかも差別的な諍いを未然に防いでいるようにみえますが
あくまで、管理する側が臭い物にふたをする行為でしかなく、
実質的にはなにも変わらないのですから
かえって実質的な違いを際だたせることになるのでしょう。

生徒に書かせた作文のなかから
突出して文章力に秀でた作文を見出したジェルマン。
その作文を書いたのがクロード、てなわけで
ふたりの奇妙な関係が始まります。
自分で小説を書いたことはあるけれど、
自分の小説にもダメ出しをするジェルマンは
完全に批評家体質で、審美眼には長けているけれど
なにかを生み出す発想が欠けていることは自分が一番よくわかっています。
ギャラリーを経営する妻に
まったく審美眼がなさそう
なのが対照的でしたが
あきらかにジェルマンは、クロードに対して
自分が成し遂げられなかったものを託しています。
その姿は、まさに父と息子の関係で
ジェルマンとその妻に子供がいないことが
その事実をさらに引き立てます。

クロードのほうは、どれほど確信的であったかわかりませんが
ジェルマンのことを自分を認めてくれる存在と感じていて
だからこそ、一杯喰わせてやろうと思っていたふしがあります。

いつも「続く……」で終わるクロードの文章は
それ自体が読者の興味を持続させるテクニックだと思われますが
クロードとジェルマンのやりとりが
小説うんちくになっているところが面白いのです。
その中で語られるビルドゥングスロマン(自己形成小説)というのが
主人公が葛藤を乗り越えて成長していく物語形式のことで
クロードの、もしくはジェルマンの
成長=自己実現の物語とリンクしています。

映画の中で作られていく小説を映像化する劇中劇に加え、
さらにそのなかに物語を添削するジェルマンが登場したりと
現実と虚構が入り乱れてくるあたりが見せどころ。

クロードが書き連ねた物語が
どこまで事実に即しているかを考えるのは
有益ではないでしょう。
全てを失って、やつれ果てたジェルマンと並んで
ベンチに腰掛けるクロードとのラストシーンは
空想の中でしか生きられない者どうしの友情がみられました。

あいかわらず、いけ好かないところがないわけじゃないが
これからはこんな作品を作ってくれるのであれば
また観てやってもいいよ。 
どうかね、オゾンくん。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント失礼します

是非、スイミングプールを観て下さい♪♪

彼の全てではないかと思う程にひつこいです。

北野監督で言えばドールズの様な…

性ゆえの理想と現実です。

2015/09/09 (水) 03:32:39 | URL | e-to #- [ 編集 ]

Re: コメント失礼します

> e-toさん
コメントありがとうございます。
機会があったら観てみます。

2015/09/09 (水) 11:09:25 | URL | のほうず #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ