" />

あなたを抱きしめる日まで

anatadakishime.jpg



(原題:Philomena 2013年/イギリス・アメリカ・フランス合作 98分)
監督/スティーブン・フリアーズ 原作/マーティン・シックススミス 脚本/スティーブ・クーガン、ジェフ・ポープ 撮影/ロビー・ライアン 美術/アラン・マクドナルド 衣装/コンソラータ・ボイル 編集/バレリオ・ボネッリ 音楽/アレクサンドル・デプラ
出演/ジュディ・デンチ、スティーブ・クーガン、ソフィ・ケネディ・クラーク、アンナ・マックスウェル・マーティン、ミシェル・フェアリー、バーバラ・ジェフォード

概要とあらすじ
イギリスでベストセラーとなったマーティン・シックススミスによるノンフィクションを映画化し、50年前に生き別れた息子を探し続けた女性の姿を、「クィーン」のスティーブン・フリアーズ監督、名優ジュディ・デンチ主演で描いた。1952年、アイルランド。18歳で未婚の母となったフィロメナは親から強制的に修道院に入れられ、3歳になった息子のアンソニーはアメリカに養子に出されてしまう。それから50年後、イギリスで娘のジェーンとともに暮らしていたフィロメナは、手離した父親違いの息子の存在をジェーンに明かす。ジェーンが偶然知り合ったジャーナリストのマーティン・シックススミスとともに息子探しの旅に出たフィロメナは、アメリカの地で思いもよらぬ事実を知ることになる。「24アワー・パーティ・ピープル」などで知られる英俳優スティーブ・クーガンが企画を立ち上げ、脚本やプロデューサーを務めたほか、原作著者でもあるシックススミス役を演じている。(映画.comより



あなたを赦せる日まで

まったくやる気を感じない邦題の
『あなたを抱きしめる日まで』
『007/スカイフォール』のM役が記憶に新しいジュディ・デンチ
生き別れた息子を捜して旅する物語と聞くと
元気な年寄りが毒にも薬にもならない感動を与えてくれる映画のように
思われるかも知れませんが
どっこい、こちらはビターで辛辣。
最後はどっしり重いおみやげまで持たせてくれます。
しかも実話ベース。それでいてコメディ。

原作者でこの作品の主人公のひとり、
マーティン・シックススミス(スティーブ・クーガン)
BBCのジャーナリストでしたが、あるヘマのおかげでBBCをクビに。
90年代のイギリスに詳しい方ならご存じなのかも知れませんが
正直に言うと、僕にはマーティンがなにをやらかしてクビになったのか
いまいちよくわかりませんでした。えへへ。
ま、とにかく社内の政治的な圧力によって
不本意にもお払い箱にされたようです。
マーティンがBBCの政治ジャーナリストだったということを鼻にかけていて
くだらない「三面記事」には興味がなかった
という設定が見事で
(事実なのかもしれないけど)
マーティンの心境の変化と物語の推進力になっています。
ロシア史の本を書くつもりだというのは
それほどカタブツでつまらない男だということでしょうか。

フィロミナ(ジュディ・デンチ)
生き別れた息子の50歳の誕生日に
幼い息子の写真を眺めながら泣いているのを
娘のジェーン(アンナ・マックスウェル・マーティン)に気づかれて
ずっと隠していた秘密を打ち明けます。
息子の誕生日のたびにフィロミナが動揺していたとしたら
いままでジェーンがそれに気づかなかったのは
いささか不自然な気がするけれど
とにかく、息子捜しを決意したフィロミナは
マーティンと出会うことになるのです。
噛み合わないジョークの掛け合いににんまり。
フィロミナの息子捜しを記事にすることにしたマーティンに
電話で指示を出す編集長の
「善人と悪人がいればいいの」というセリフがラストで効いてきます。

若き日のフィロミナを演じるソフィ・ケネディ・クラーク
ジュディ・デンチのイメージにぴったりでしたが
祭の出し物(?)のゆがんだ鏡に映る自分を見ておどけるシーン
楽しげだけど不穏な予感も感じさせる演出でした。

カトリック教会の閉鎖的な性格はいろんな作品で描かれていますが
この作品での描かれ方はカルト集団としか思えません。
婚前交渉を罪だと考えてるんだかなんだか知らないけど
子供が逆子だとわかっても医者も呼ばず、
生まれた子供は親と引き離して金と引き替えに売りさばくというのは
どう考えてもまともな人間のすることではなく、
なにが神さまだばかやろうと僕なんぞは単純に思うのですが
その人身売買の事実そのものよりも
嘘に嘘を重ねて都合の悪い事実を隠蔽し、
死んでしまった母子の小さな墓が枯れ葉に覆われていても
ほったらかしにしている心根の醜悪さ
に吐き気がします。

思っていたよりずいぶんスルスルと息子探しが進むのは
謎解きがこの作品のテーマではないということでしょうな。
レーガン〜ブッシュ政権の共和党主要顧問となっていた息子は
ゲイであり、エイズですでに亡くなっていた
のですが
エイズはゲイへの天罰だとして治療に無策だったレーガンの元で
働いていた息子の苦悩がフィロミナの苦悩と重なります。
このへんの事情は『ダラス・バイヤーズクラブ』をどうぞ。
ていうか、フィロミナの息子も
「ダラス・バイヤーズクラブ」的なところで
薬を買わなかったのかな……

フィロミナの息子アンソニー(=マイケル)のほうも本当の母を探し求め、
アイルランドの修道院にまで足を運んでいたことがわかります。
ビデオに残されたアンソニーは顔にかさぶた(?)ができ、
おそらくは病状の悪化によって自分に残された時間は少ないと
考えていたのではないでしょうか。
そんなアンソニーに対して、修道院のクソどもは
フィロミナがアンソニーを捨てたのだから、
連絡をとることができない
という大嘘で対応。
しかも死んだアンソニーの墓は修道院にあった!

アイルランドへと引き返すフィロミナとマーティン。
マーティンは爆発寸前。僕はすでに爆発。
フィロミナがいたときからずっと修道院に居座る修道女、
シスター・ヒルデガード(バーバラ・ジェフォード)
自分たちの非を詫びるどころか、むしろ罵り返すというキチガイぶり。
怒りが最高潮に達したとき、
フィロミナはシスター・ヒルデガードに対して
「あなたを赦します」というのです。
「赦しは大きな痛みを伴います」とも。
これには、まいった。参りました。
思えば、フィロミナは50年間も怒りと悲しみと共に生きてきたのでした。
寛大なんていう言葉では言い表せない重みがあります。

重い事実に基づきながら、
ジュディ・デンチが演じるフィロミナのかわいらしいキャラクターが
作品に軽快さを与えていて、
あちこちにクスリと笑えるセリフのやり取りが出てきます。
読んだ小説のあらすじを全部喋ってしまう長々としたシーンもよかったけれど
アンソニーがエイズで死んでしまったことに対して
「快楽に夢中で、コンドームをつけないからよ」というフィロミナには
あんたもな! と心の中でつっこみましたよ。
予告編と本編では字幕の訳し方が微妙に違うのですが
ジョークとしては予告編のほうが気が利いてるように思います。

なにやら原作は、息子アンソニーの物語となっているそうで
これまた、びっくり。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

東劇にて

長い間映画を見ていると間あいだでお目にかかる女優ジュディ・デンチ。
チェックしてみたら10本位見ていました。
そんな彼女が台本が読めない位の目の病気にかかっていると
ネットで2年前ぐらい知ったけど、この作品の撮影の頃はどうだったんだろう?
ノミネートされたオスカーは欠席だったし…
出来れば今後も彼女の作品は見続けたいものです。
最近では“Jエドガー”が見せたモンスター母ちゃんぶりが凄かったぁ。
で、今回のジュディ・デンチもメチャ良かった。(エロい事軽く云うし)
今迄の彼女のイメージには無かった天然系の可愛い演技も出来るんですね。
息子の映像を見ながら涙ぐむシーンはモウうま過ぎっ。
こちらも一緒に泣かせてもらいました。

映画自体も笑う場所を散りばめながらも
現実をメリハリある感じでテンポ良く(息子の行方が判るのは少々早すぎっ)
示してくれて良かったです。
同じ背景になっている映画「マクダレンの祈り」を見たのは
かなり前で余り覚えていませんが
ただメチャ暗く悲惨な映画だった印象でした。
アプローチの違いでこうも素材が変わるものなんだな。

それにしても自分が信じてる宗教にヒドい仕打ちを受けながらも
真摯に受け入れる主人公の姿は辛かった。
でも結果、お墓を通してだけどいつでも息子に会えるって事で
多分彼女は幸せなんだろうなぁ。

そうそう、昨日ラジオで
映画好きな天下のアイドル、前田の敦っちゃんも
この映画見て良かったと云ってました。
しっかり実話の映画って事も喋ってました。
なんか単純にジジぃは嬉しかった…。

2014/05/09 (金) 12:18:37 | URL | OKU #- [ 編集 ]

Re: 東劇にて

>OKUさん
長いわ! 記事関係ないし!

2014/05/09 (金) 14:32:06 | URL | のほうず #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ