" />

クロユリ団地

kuroyuridanchi.jpg



(2013年/日本 106分)
監督/中田秀夫 企画/秋元康 脚本/加藤淳也、三宅隆太 撮影/林淳一郎 美術/矢内京子 編集/青野直子 音楽/川井憲次
出演/前田敦子、成宮寛貴、勝村政信、西田尚美、田中奏生、手塚理美、諏訪太朗、柳憂怜、岩松了

概要とあらすじ
「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫監督が、前田敦子と成宮寛貴の主演で、老巧化した団地を舞台に描くホラー。13年前から謎の死が続いているクロユリ団地に、そうとは知らずに引っ越してきた若い女性・明日香は、隣の部屋から響く不気味な音に悩まされる。そして、隣室で孤独死した老人を発見してしまい、その日を境に周囲でおぞましい出来事が続発。老人の遺品整理にやってきた青年・笹塚の助けを借りながら、老人が伝えようとしていた事実を探るが……。(映画.comより)



ホラー風味のなにか。

団地というやつは、
「団地フェチ」を名乗る人もいるくらいで
幾何学的で巨大な景観が美しかったりする反面、
生活感があるのに人気を感じなかったり
そこの住人以外にとっては閉鎖的な空間に見えてしまったりで
ある種の異様さが伴うのは事実。

「時間が止まっている」ということが
物語の軸となる『クロユリ団地』が団地を舞台にしていることには
団地自体が昭和の遺留品として時間の止まった存在であることも
重要なのだろうと思います。
しかし、この作品では
団地という存在そのものが持つ違和感が
十分に描かれているとは思えません。
室内のガラス戸のデザインやドアの覗き窓など
細かいディティールで古い団地を表現しようとする意図は感じますが
せっかく団地という場所を舞台にしたわりには
団地の敷地内の、自分がどこにいるのかわからなくなるような
不安感が表現されていないのは残念なところです。

看護学校に通う明日香(前田敦子)
父親(勝村政信)母親(西田尚美)
同じ会話を繰り返すシーンには期待を膨らませましたが
その後「死者の時間は止まっている」ということを
ぺらぺらとセリフで教えてくれるので
トリックとしての面白さが半減しています。

帰りかけた登場人物が2〜3歩歩いて立ち止まり、
ものありげに振り返ってまた歩き出す、という演出にはうんざりですが
ゴミ処理業者の笹原忍(成宮寛貴)
なんだかふらっと外に出たところに
明日香から電話がかかってくるという演出にはズッコケました。
ラーメン屋でラーメン喰ってるとか、家でテレビを見ているときとか
できませんかねぇ。
忍は明日香からの連絡を待つためだけに生きているようです。
明日香の部屋で朝まで寝ずにいた忍に
明日香が「ずっといてくれたんですね」というと
忍は「心配だったから」というのです。
そんなこと、言わねえよ、フツー。
そんなのセリフで言わなくてもわかるでしょ。

成宮寛貴は登場したときから、なぜか演劇調の台詞回しで
あまりにも明け透けに物語の進行役として存在していて
事故で彼女を植物状態にしてしまった忍が抱えている苦悩は
忍の言動からは感じられません。

『僕のエリ 200歳の少女』
インスパイアされたという中田秀夫監督
怖さと哀しさを併せ持った作品にしたかったようです。
歳をとらない少女吸血鬼が、
200年間男をとっかえひっかえしながら生き続ける
『僕のエリ 200歳の少女』の
どこが切なくて悲しいのか僕にはさっぱり理解できませんが
それはさておき、物語の鍵を握る少年が
最終的に邪悪な存在として描かれる
のでは
悲しみようがありません。

その少年の正体にしても
最初からずっと怪しげな存在として描かれるので
『シックス・センス』的な驚きはまったくありません。

結局、トラウマを抱えた明日香が
ずーっと右往左往するのを繰り返しているだけなのです。
この作品は、一体なにがしたいんだろうかと思いながら
なんとか見続けていたのですが
最後の最後で、本当に腹が立ちました。
ラストシーンで、頭がパッカーンとなった明日香が
ぬいぐるみを抱きながら
「お父さんとお母さんわぁ? 聡(弟)わぁ?
 (旅先に)着いたらみんなで写真撮るんだぁ〜」

……って、もういいよ!!
何回同じことやってんの?
セリフで教えてくれなくても、そのへんの事情はもう知ってるから!
なんで最後にまたセリフでおさらいしてんだよ!
ちょっと長めに尺とったからってグッと来ねえよ!
客をバカにしてんのか!!

……そういえば、よく考えたら中田秀夫監督の
『リング』『仄暗い水の底から』
僕にとってはクソつまんない映画でした。
(清水崇監督 『呪怨』は大好きっ)
恐がれるところはまったくないので
ホラーを期待してみると必ずやガッカリします。
しかもスタクレをよくみたら
企画がキャバクラチェーン店のオーナーだった。
そりゃあ、客をナメてるはずだわ。

じゃあ、オレはなんで観たんだよ!
……怖くて、切ないわぁ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ