" />

スプリング・ブレイカーズ

springbreakers.jpg



(原題:Spring Breakers 2012年/アメリカ 93分)
監督・脚本/ハーモニー・コリン 撮影/ブノワ・デビエ 美術/エリオット・ホステッター 衣装/ハイディ・ビベンズ 編集/ダグラス・クライズ
出演/ジェームズ・フランコ、セレーナ・ゴメス、バネッサ・ハジェンズ、アシュリー・ベンソン、レイチェル・コリン

概要とあらすじ
「ミスター・ロンリー」のハーモニー・コリン監督が、春休みに犯罪に手を染める女子大生4人組の過激な青春を描いたクライムドラマ。レストラン強盗で手に入れた資金でフロリダ旅行へ出かけた女子大生4人組は、旅先でドラッグやセックス漬けの毎日を楽しんでいたが、麻薬ディーラーの男エイリアンとの出会いをきっかけに裏社会へと足を踏み入れていく。「127時間」のジェームズ・フランコが麻薬ディーラー役を怪演。(映画.comより)



なにも成長しない、なにも変わらない春休み

これほどまでに、
鑑賞後になんの感慨も残さない映画も珍しい。
ほかにも「なんにも残らない映画」があったんじゃないかと
自分の記憶を辿ってみても
そもそも「なんにも残らない映画」なのだから、
なんにも思い出せないのです。

劇場公開時、そこそこ宣伝に力が入っていた
『スプリング・ブレイカーズ』のポスターで、
並んでポーズを取る4人のビキニ姿のおねーちゃんたちが
揃いも揃って、まったく魅力がない
のには気がついていました。
結局は公開期間を逃してしまい、DVDでの鑑賞になりましたが
ちょっと観てみたいと思う動機のひとつが
「ビキニ」だったのは正直に認めます。
ああ、おれはなんてバカなんだろう!

とくに前半は、これでもかというくらいのビビッドな色彩で
MVのダイジェストを観ているかのようです。
「スプリング・ブレイク=春休み」にフロリダへ、というのは
バカ学生がモラトリアムを謳歌するステイタスだそうですが
彼らの頭の中にあるのは、酒とセックスとドラッグのみの乱痴気騒ぎで
ただただバカが騒いでいるだけです。

授業中に「ペニスが欲しい」とか書いたメッセージをやり取りする
ケツのでかいチビのキャンディ(バネッサ・ハジェンズ)
じっとしてればカワイイかもしれないブリット(アシュリー・ベンソン)
とびっきりの能なしビッチで、
このふたりに、おとなしいブリット(アシュリー・ベンソン)
コティ(レイチェル・コリン) が加わって
いつも仲良し4人組ということらしいのですが
ハーモニー・コリン監督の奥さんでもある
コティ(レイチェル・コリン)とほかの3人との関係性がはっきりせず
しかもイケてない4人の中でももっとも地味な存在で
いてもいなくても気づかない存在です。

彼女たちは「スプリング・ブレイク」で
フロリダへ行く金がないので、ダイナーを襲撃するのですが
まったく思い詰めたようすはなく、
突然の自暴自棄な行動についていけません。
彼女たちが目出し帽を被っていたとはいえ、
ダイナーにいた客たちに襲撃犯が女性であることは
すぐにわかるし、反撃する余地はあったはずで、
あまりにもあっさりと襲撃に成功するシーンを観れば
すべてが彼女たちのために都合良く作られた世界であることは
容易にわかります。

4人の彼女たちがバカ騒ぎの果てに拘留されるまで
とにかく頭の悪いガキたちが盛り上がっているようすが映し出され、
(4人は昼間の道ばたで立ちションならぬ、座りションまでする下品さ)
彼女たちが楽しむ姿になにひとつ共感できるものはなく
すでにこの作品を観ていることを後悔し始めました。

拘留された彼女たちの保釈金を肩代わりした
エイリアン(ジェームズ・フランコ)が現れて
物語は少し変化しますが
ビッチたち(とくにキャンディとブリット)は
なにも変わりません。
ていうか、退屈な学生生活に嫌気が差していただけの
ボンクラだったはずなのに、いつのまにか
『テルマ&ルイーズ』気取りなのです。

ビッチたちのなかでも、
かろうじて良心と呼べる存在だったフェイス(セレーナ・ゴメス)は
ほかのビッチたちのあまりの無軌道ぶりに怯え、
早々に離脱して帰ってしまいます。
唯一感情移入できそうなフェイスがいなくなったことで
一気に物語の複雑さが失われました。


エイリアンが、残った3人のビッチたちを手なづけて
春休みを楽しむだけだったはずの彼女たちが
どんどん深みにはまっていく……かと思いきや
エイリアンはむしろ彼女たち(キャンディとブリット)に牛耳られ
自尊心を弄ばれるようになります。
キャンディとブリットが、どんな人間性を持っているのか
なにひとつ描かれないので
ふたりの行動原理はさっぱりわかりません。

エイリアンとビッチ3人は、略奪を繰り返した挙げ句に
エイリアンと対立するギャング組織に眼をつけられ
(その相手がエイリアンと元親友だったとか、どうでもいいや)
地味すぎてよくわからないコティが腕を撃たれてしまいます。
うろたえるコティは、フェイスと同様のショットで
長距離バスに乗って故郷へと帰るのです。
見送りに来て「帰らないで〜」とか言いながら
一緒に帰るつもりのないキャンディとブリットは
本当のクソです。

腕を撃たれたコティの復讐のために
エイリアンと残りのビッチ2人は敵のアジトへ。
エイリアンは桟橋の上であっさりと殺されますが
キャンディとブリットはあいかわらずビキニに目出し帽姿で
一発の銃弾もくらわずに親分の元まで辿り着き、
敵を全滅
します。
あげくに敵の車に乗って、ふたりは無傷で帰路につくのです。
……はあ〜〜?

社会人になる直前、無責任でいられる年頃に
バカ騒ぎがしたいというのは
かろうじて共感できるかも知れません。
しかし、それはその年頃だけ許される悪ふざけで
行きすぎた悪ふざけは、報いを得なければならないはずです。
優柔不断なブリットを含めた4人のビッチたちは
結局、ふざけすぎた春休みのあと
もとのボンクラ学生生活へとしらっと戻っていくのです。
なんじゃ、こりゃ。

いち早く、やりすぎに気づいたブリットが離脱し、
その後コティがケガの功名で離脱。
ブリットは心の傷を、
コティは腕を撃たれるという代償を払ったのですから
ふたりの警告を受け入れず、
それでもフロリダに残ったキャンディとブリットは
刹那的な享楽の果ての最大限の代償を
支払わなければならないはずでしょう。

少なくとも、最後の銃撃戦で
キャンディとブリットは死んでしまうか、
取り返しのつかない重傷を負うべきです。
「こういうの、最高にかっこいい」とか
あいかわらずバカなことを言いながら。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ