" />

人生、ブラボー!

jinseiburabo.jpg



(原題:Starbuck 2011年/カナダ 110分)
監督/ケン・スコット 脚本/ケン・スコット、マーティン・プティ 撮影/ピエール・ギル 編集/イヴァン・ティボドー 音楽/ダヴィド・ラフレシェ
出演/パトリック・ユアール、ジュエリー・ルブルトン、アントワーヌ・ベルトラン

概要とあらすじ
過去に行った693回の精子提供を通して、ある日突然、533人の子どもの父親であることが発覚した男が巻き込まれる事態を、笑いと涙を交えて描くハートフルドラマ。過去に「スターバック」という仮名で693回の精子提供を行い、その結果として生まれた533人の父親であることがわかった42歳の独身男ダビッド。ある日、弁護士を通じて533人のうち142人が、遺伝子上の父親の身元開示を求める訴訟を起こす予定だと知らされる。身元を明かすつもりは毛頭ないダビッドだったが、子どものうちの1人が、自分が応援するサッカーチームのスター選手であることを知ると、他の子どもたちにも興味がわきはじめ……。(映画.comより)



一人ずつ増えるほうがいいです

「ハート・ウォーミングな映画」なんて聞くと
首のあたりがぞわぞわしますが
この『人生、ブラボー!』
ハートがウォーミングするのは確かだけれど
作り手が自覚しているか無自覚かにかかわらず
ただほっこりするだけの作品には思えません。

42歳のダヴィッド(パトリック・ユアール)
20年前に小遣い稼ぎのつもりでやった精子提供の結果、
533人の父親であることが突然判明し、
そのうち142人が遺伝子上の父親の身元開示を求めていることを
知らされます。
ちなみにダヴィッドが精子提供の際に偽名で使っていた
「スターバック」という名前は
世界中に20万頭の子どもたちがいるカナダの超優良種牛の名前
由来しているそうですが
それほどダヴィッドの精子はパワフルだったわけですね。

142人のうちのひとりが
人気サッカー選手だったことに興味を持ったダヴィッドは
徐々に他の子どもたちも探し出して会ってみたくなるのですが
同時にガールフレンドのヴァレリー(ジュリー・ルブレトン)
妊娠していることも判明します。
もちろん、父親はダヴィッド。

この作品が、ただ単に
ハートがウォーミングするだけではない、
結構めんどくさい問題を抱えていると思うのは
父性と母性の違いによる問題です。
人がいいのが取り柄だけど、いまいちだらしがないダヴィッドは
自分には子供がいるという事実を目の当たりにすることで
少しずつ成長していくのですが
女性が出産すればおのずから母親になるのとは違って
『そして父になる』のように(←未見ですが。ははは)
男性が父親になるには覚悟と努力が必要なのです。

さほど子供好きではなさそうなヴァレリーの態度を見ても
この作品は、あきらかに父性に偏ってつくられています。
また、ダヴィッドの母親がすでに亡くなっていることからも
あくまで男性からの視線に限定されています。
「女性の視線が描かれていない!」という人がいるかも知れませんが
所詮、男性に母親の気持ちは理解できないのですから
この作品はこういう視線ということでいいんじゃないでしょうか。
むしろ、男性からの視線に限定したことが
この作品の特徴を裏付けているように思います。

もうひとつ、ややこしいのが家族の問題です。
遺伝子上の父親探しに乗り出した142人の子どもたちは
養父母に不満を抱いているわけではなさそうで
純粋に自分のルーツを知る権利を訴えていると受け取りましたが
血縁こそが家族のつながりを補償するものになり得るのか
という問題が浮き彫りになってきます。
もちろん、533人のうち訴えを起こした子どもたち以外の
残りの391人は、遺伝子上の父親を捜したいとは
考えていないことになりますから
養父母と一緒に過ごした時間と信頼関係のほうに
家族の愛情を感じているのでしょう。
訴えを起こした142人のほうは
父親を見つけ出してなんらかの責任を追及するわけでもないので
彼らには父性を求めるだけのなにかが欠落していたと
考えざるを得ません。

遺伝子上の子供を見つけては手助けしてやるダヴィッドですが
施設で暮らす脳性マヒ(?)の子供の登場には
微妙な違和感を感じました。
533人も子供がいるダヴィッドにとっては
脳性マヒの子供はOne of themだし
立場上、余裕を持って接することができるかも知れませんが
やっと生まれた子供が障害を持っていた場合には
愛情を持って接するというきれいごとだけでは乗り切れないはずです。
ここだけは、子供がダヴィッドに試練を与えるための
道具にされているように思え、
子供を持つことに対する責任の軽さを感じてしまいました。

「スターバック」に対する
「恥知らずなオナニー野郎」という劇中での世間の評価には
首をかしげましたが
テンポのいい、十分に楽しめる作品です。
子供が欲しくなる気持ち…わかるんだよねぇ。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

ハートウォーミング、ぞわぞわしますか?笑
確かに言われてみれば、脳性麻痺の子はアイテム的な登場だったかもしれないですね。
でも、笑ってホロっとして、彼のだらしなさも含め、好感もててしまいました。ま、自分の
夫にするのは微妙なので、親友あたりで!

2014/11/13 (木) 05:28:44 | URL | ihuru #- [ 編集 ]

Re: はじめまして

> ihuruさん
コメントありがとうございます。
ダヴィッド、ほんとにいい奴ですよね。稼ぎがないけど。

2014/11/13 (木) 10:45:59 | URL | のほうず #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ