" />

冷たい熱帯魚

tsumatainettaigyo.jpg



(2010年/日本 146分)
監督/園子温 脚本/園子温、高橋ヨシキ
出演/吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲

あらすじ
「愛のむきだし」などで知られる鬼才・園子温監督が、実在するいくつかの猟奇殺人事件にヒントを得て人間の狂気と極限の愛を描くサスペンス。小さな熱帯魚店を営む社本の家庭では、年頃の娘が若い後妻に反発しており、そのため彼と妻との関係にも亀裂が生じていた。そんなある日、彼は娘が起こした万引き事件をきっかけに同業者の村田と知り合う。やがて村田の事業を手伝うことになった社本は、いつしか恐ろしい猟奇殺人事件に巻き込まれていく。(映画.com)



おっぱい揉むときは思い切りよく!

1993年に起きた埼玉愛犬家連続殺人事件をベースにしたストーリー。

「事実は小説より奇なり」とは昔からよく言われる言葉ですが
この映画、かなり事実に即しているようです。
「ボディーを透明にする」などという、ぞっとする名(迷?)コピーは
犯人が実際に使っていた言葉だそうな。

共犯者による事件のあらましを綴った著書には
映画よりもさらに凄惨で残酷な事実が記されているようですが
「これ、ほんとにあったんだよな〜」という予備知識が
観客の恐怖をさらに煽ります。

でんでんが演じる村田は調子が良くて、威勢が良くて強引。
なんでこんな奴にだまされるのかと、端から見てると不思議ですが
だまされるときというのはそういうもんなんでしょう。

吹越満演じる社本は、図らずもこの村田と出会ってしまい、
どんどん巻き込まれていきます。
万引きで捕まった娘を助けてもらい、村田の元で仕事までするようになったことを
社本は恩義に感じていますが、実は家族を人質に取られただけでした。
そこからは、もう、永遠に終わらないような負の連鎖が続いていきますが…。

以前の園監督の作品「自殺サークル」や「紀子の食卓」などを観てきて
思い切った演出や描写は好きなのですが、説教臭さも感じていました。
まず先に作家園子温の表現したいことがあって
それに合わせるように登場人物たちが行動する、というような
都合の良さを感じるのです。

それが前作「愛のむきだし」では、そんな都合の良さが全く感じられず、
他の作品より馬鹿馬鹿しい設定なのに、キャラクターたちが活き活きと映し出されていて
勝手に「園子温がブレイクスルーした!」と思っていました。
それほど文句なしの素晴らしい作品でした。

ところが…残念ながらこの作品では
「愛のむきだし」以前の園子温に戻ってしまったように思います。
たとえば、最初に殺される吉田は毒入り栄養ドリンクを飲んで
「これ、おいしいねぇ!」と言います。
毒が効き始める直前にも
「奥さん、これ本当においしいよ!」と言います。

…栄養ドリンクってそんなに念を押すほどおいしいですか?
それを飲んだあと殺されるわけで、
そのフリとして、何も知らない吉田を強調しているのはわかりますが
いくらなんでも不自然かと。
後半、刑事二人が社本の元へ現れますが、
その場所が村田の店の前の駐車場なのです。
観てるこっちがひやひやするほど村田からバレバレな場所ですよ。
なんでそんなところで話すのか不思議でなりません。

このように散見される都合のいい展開が
サスペンスにのめり込みそうになる手前で肩すかしをくらっった
感じてしまう要素になっているのです。

ついに、社本が村田を殺すシーンも
ボールペン一本で人を殺せるのかな〜という疑問は残るものの、
「社本くん、ちょっと痛い、ちょっと痛い」という
村田のセリフ(アドリブ?)は可笑しくもあり、
リアリティーもありました。

そして、ラストシーン。
社本は娘を軽く刺し、「人生は痛いんだよ!」と叫んだ後
自ら命を絶ちます。
そして、残った娘は「やっと死にやがったか!」
快哉の雄叫びをあげるのですが、
それまでの社本の娘はそんなに強い人間には思えません。
ただフラフラしていて、親のいうことは聞かないくせに
飯は家で一緒に食べるというただの甘えたクソガキです。
死んで欲しいほど親を憎んでいるなら
とっとと家出でも何でもすればいいのです。
他人に依存することしかできない彼女がその後どうなるのか解りませんが
園監督は彼女にそのセリフを言わせたかったのでしょう。
観客が考えるほど現実は気持ちよく片付かないぜ!ってことなのでしょうが
やはり唐突に感じてしまいます。

とはいえ、強引ではあるけれど
自分の主張をストレートに表現する園子温作品が
面白いのは事実です。
願わくば、観客が映画の世界観に参加できる猶予を与えてくれると
なお、いいのですが…。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ