" />

KOTOKO

kotoko.jpg



(2011年/日本 91分)
監督・製作/塚本晋也 脚本/塚本晋也 原案・美術・音楽/Cocco 撮影/塚本晋也、林啓史 編集/塚本晋也
出演/Cocco、塚本晋也

概要とあらすじ
「鉄男」「六月の蛇」の塚本晋也監督がシンガーソングライターのCoccoを主演に迎え、苦しみもがきながらも愛する息子を育て、懸命に生きるひとりの女性の姿を描き出したドラマ。ひとりで幼い息子の大二郎を育てる琴子は、世界が“ふたつ”に見える現象に悩まされ、歌っているときだけ世界が“ひとつ”になる。神経が過敏になり強迫観念にかられた琴子は、大二郎に近づくものを殴り、蹴り倒して必死に息子を守っていたが、幼児虐待を疑われて大二郎と引き離されてしまう。そんなある日、琴子の歌に魅了されたという小説家の田中が現れるが……。2011年・第68回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門で、同部門の最高賞にあたるオリゾンティ賞を受賞した。(映画.comより)



あらゆる暴力から守るために

日本国内より海外での評価が高い塚本晋也
いつまでも語りぐさとなっている名作『鉄男』のころから
そのインディーズ精神、敢えて言えばパンクな表現活動が
衰えることがありません。
しかるべき評価を受けて、キャリアを積んでいけば
自ずから作品は洗練され、
作家はより多くの要求に応えようとするもので
作品の完成度と引き替えに鮮度が失われていくのは
致し方ないことだと思うのですが
塚本晋也監督が、今でも創作の初期衝動に従順でいられるのは
並大抵のことではないと思うのです。

『KOTOKO』は、間違いなくCoccoありきの作品で
ほかの女優が琴子を演じることなどあり得ないでしょう。
Coccoは、もともと
ちょっとイっちゃってる雰囲気のある歌手でしたが
自分の内面の葛藤や暴力性を映像化してきた塚本晋也監督が
Coccoのパーソナリティーに触発されて作り上げたこの作品は
今までの塚本作品とは一線を画すものなのかも知れません。

さらにクランクインの直前に起きた東日本大震災
この作品に影響を与えないはずがありません。
もともとのシナリオがどのようなものだったか分かりませんが
Coccoの内面にある狂気と不安が
東日本大震災の発生によって、個人の葛藤を超えて
より壮大かつ具体的なものになった
のではないでしょうか。

これまでの塚本作品でも
妄想や倒錯した精神世界を描きながら
他者に向けられる暴力と、自分に向けられる暴力(自傷行為)という
肉体の痛みを持って生を実感するという描写は
何度も出てきましたが、
琴子(Cocco)もやはり自傷行為によって生を実感しているのです。

歌っているとき以外は、世界が2つに見える琴子ですが
その2つとは、単に複数存在するのではなく
敵意のない正常な状態と暴力性に満ちた邪悪な存在とに
別れているのです。
琴子の振る舞いだけ見ていると、頭がいかれた女のように見えますが
これは子どもを愛するが故に発生する育児の精神的苦痛
極度にデフォルメして表現しています。
東日本大震災があったあとでは、
それがシングルマザーが抱える育児の悩みに留まらず
放射能に対する不安やマスコミに対する疑念をも
映し出しているように思えます。

猜疑心の虜になっている琴子の前に現れるのが
小説家の田中(塚本晋也)です。
田中はまさに無償の愛を琴子に捧げようと努力するのですが
琴子のほうはまだ田中を信用することができず
他人を傷つけるか、自分が傷つけられるかの方法しか
他者との関わり方を知らない琴子は
田中を痛めつけることでコミュニケーションをとっているのです。
そんな琴子を理解し、苦痛を乗り越えた田中に
琴子は愛情を抱くようになりますが
「愛していることが仕事だったらいいのに」と言う言葉を残し
田中は琴子の前から消えてしまいます。

塚本晋也監督が7年間介護した母親の死も
この作品に少なからず影響を与えているでしょう。
琴子は文字通り塚本監督の母親像であり、
逆に、愛するものを庇護する立場からは
琴子は塚本監督本人でもあるのではないでしょうか。

現実と幻覚が激しく交錯するなか
琴子は、最愛の息子が世界から傷つけられるくらいなら
自分で殺してしまうほうがマシ
だという考えに囚われ、
息子の喉に手をかけます。(ように見える)
琴子が恐れている脅威とは
身のまわりにある暴力だけではなく、
テレビから流れてくる犯罪や戦争に至るまで
世界中に溢れているあらゆる暴力なのです。
過激な描写に彩られたこの作品が示すテーマとは
現実の暴力の絶対否定なのです。

過剰にデフォルメされた表現のために
ただのヘンテコ映画に思われがちですが
その表現に込められた意図を推し量っていくと
少しずつ監督が作品に込めた想いが見えてきます。
琴子のキチガイじみた行動は、
決して琴子個人が抱える病理によるものではなく
愛するものを暴力から守ろうとする母性の
極度に先鋭化された表現
なのです。
震災後にあふれかえった、不信のみを原動力にする放射脳たちや
自らの不安の癒すために、むしろ被災者を攻撃するような
パニックとしか言えない日本の状況を
琴子という個人に凝縮しているように思えました。

顔がぐちゃぐちゃになるまで琴子に殴られた田中が
暴れ回る琴子を抱きしめて
「大丈夫! 大丈夫! 大丈夫!」と連呼するシーンに
塚本晋也監督の愛情の示し方のひとつが
現れているように思いました。

観てスッキリするような作品ではありませんが
(あたりまえだけど。はは。)
鑑賞後にじわじわと効いてくる、そんな作品でした。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ