" />

タクシー運転手 約束は海を越えて

ataxidriver.jpg



(原題:A Taxi Driver 2017年/韓国 137分)
監督/チャン・フン 製作/パク・ウンギョン 製作総指揮/ユ・ジョンフン 脚本/オム・ユナ 撮影/コ・ナクソン美術/チョ・ファソン、チャン・イジン 衣装/チョ・サンギョン、チェ・ヨンサン 編集/キム・サンボム、キム・ジェボム 音楽/チョ・ヨンウク
出演/ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン、ユ・ヘジン、リュ・ジュンヨル

概要とあらすじ
1980年5月に韓国でおこり、多数の死傷者を出した光州事件を世界に伝えたドイツ人記者と、彼を事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話をベースに描き、韓国で1200万人を動員する大ヒットを記録したヒューマンドラマ。「義兄弟」「高地戦」のチャン・フン監督がメガホンをとり、主人公となるタクシー運転手マンソプ役を名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役を「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマンが演じた。1980年5月、民主化を求める大規模な学生・民衆デモが起こり、光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷いていた。「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」というドイツ人記者ピーターを乗せ、光州を目指すことになったソウルのタクシー運転手マンソプは、約束のタクシー代を受け取りたい一心で機転を利かせて検問を切り抜け、時間ギリギリにピーターを光州まで送り届けることに成功する。留守番をさせている11歳の娘が気になるため、危険な光州から早く立ち去りたいマンソプだったが、ピーターはデモに参加している大学生のジェシクや、現地のタクシー運転手ファンらの助けを借り、取材を続けていく。(映画.comより



とても現代的な主題

韓国で大ヒットしたという
『タクシー運転手 約束は海を越えて』は、
日本でも軒並み大絶賛で迎えられたようで
「今年のベスト!」という多くの声も聞こえてきています。
それはそれは、ということで
観てきた次第。

1980年、軍部が戒厳令を敷く韓国南部の光州で
学生による民主化運動の気運が高まり、
デモ隊鎮圧を目的とした軍によって多数の一般市民が犠牲になった
光州事件をモデルにした本作。
情報が閉ざされ、韓国国内でもなにが起きているか
真相が伝わっていなかったというから恐ろしい。

ポスターのビジュアル通りに
前半は個人タクシーの運転手、キム(ソン・ガンホ)
陽気な人情喜劇として始まります。
妻に先立たれたキムは11歳の娘とともに暮らす日々。
いたって陽気なキムでしたが、
彼が暮らすソウルでもデモ隊と軍の衝突が日常的に起きる
不安定な政情から客が激減。
貧困にあえいでいるのでした。

どうでもいいことですが(そうでもないか)
子供(とくに娘)の愛情に報いたい父親という設定は
韓国映画にとても多く見受けられます。
『新感染』『トンネル』『最後まで行く』などなど
だいたい韓国映画の父親は
娘に対する後ろめたい感情を抱いているご様子。

かたや日本在住のジャーナリスト、
ピーター(トーマス・クレッチマン)
記者仲間から韓国がエライことになっていると聞きつけ、
スクープ狙いでひとり韓国へと渡り、
光州を目指すのでした。
そこでピーターを光州まで連れて行く運転手として雇われたのが
キムだったのです。
(ま、正確に言うと、キムが
 同業者から金目当てに仕事を横取りしたのですが)
ちなみに、ソウルと光州の距離は
直線で268kmほどで、およそ東京〜名古屋間くらい。

検閲を乗り越え、
キムとピーターのふたりがいざ光州に乗り込んでも
依然として前半のコメディ・タッチを引き継いでいて
さほど緊迫感はありません。
それが、一気に変化するのは
兵隊たちが一般市民を暴行するのを
ビルの屋上から見下ろしているシーン。

あきらかに理不尽な暴力が行なわれているさまを
見せつけられます。
また、私服兵隊の存在が生々しい恐怖を呼び起こすのです。

タイトルの『タクシー運転手』とは、
キムひとりのことを指すのではなく、
(ましてや、モヒカンのキムが娼婦を助けるために
 売春宿に突入するわけではなく)
この惨状を世界に報道してもらうために
ジャーナリスト、ピーターを助けた
すべての「タクシー運転手」を指しているはず。

(原題に「A」がついてるけど)
だからこそ、史実にない
軍とタクシーのカーチェイスが終盤のクライマックスとして
用意されているのでしょう。

韓国にとって、黒歴史といえるような史実を題材に
韓国政府や民衆の主義主張に言及することなく、
あくまでエンターテイメントとした本作の作りは
それはそれで賛辞に値するものだと思います。
デモなどの市民活動に対する無関心や嘲笑
いかに事態を危うくするか、
また、報道に課せられた責務を再認識させられる点において
本作で描かれていることは
じつはとても現代的な主題であり、
最近の日本の警官や自衛隊員の横暴さを考えれば、
近未来の日本じゃないのかと思うほどではあります。
そして実際、多くの人が本作に感動しているのですから、
本作のメッセージが観客にしかと伝わっていることは
疑いようがありません。

しかし、手放しで「大傑作!」と
いうほどではなかったかなぁ〜というのが
ボクの率直な感想。すまん。
ソン・ガンホは韓国の名優として名高いけれど、
本作のあまりにおどけた演技に鼻白んでしまいました。
また、ピーター役のトーマス・クレッチマンが
終始言葉が通じないことも相まって
「お客さん」感がぬぐえず

(↑タクシーのじゃなくて、映画の)
キムと同様に、金目当てでジャーナリストになったという
ピーターの親しみやすい(下世話な)キャラクターが
あまり伝わってきませんでした。
演出もかなり説明的かつウェットな印象でした。

まあ、それはそれとして
楽しませつつ、胸を打つ作品です。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ