" />

リップヴァンウィンクルの花嫁

ripvanwinkle.jpg



(2016年・日本 180分)
監督・原作・脚本/岩井俊二 プロデューサー/宮川朋之、水野昌、紀伊宗之 撮影/神戸千木 美術/部谷京子 スタイリスト/申谷弘美/ メイク/外丸愛 音楽/桑原まこ
出演/黒木華、綾野剛、Cocco、原日出子、地曵豪、和田聰宏、毬谷友子、佐生有語、夏目ナナ、金田明夫、りりィ、野間口徹、桜井美南

概要とあらすじ
岩井俊二監督が、長編実写の日本映画としては「花とアリス」以来12年ぶりに手がけた監督作。「小さいおうち」で第64回ベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞した黒木華を主演に迎え、綾野剛、Coccoらが共演する。SNSで知り合った鉄也と結婚することになった派遣教員の皆川七海は、親族が少ないため「なんでも屋」の安室に結婚式の代理出席を依頼して式を挙げる。しかし、新婚早々に鉄也が浮気し、義母から逆に浮気の罪をかぶせられた七海は家を追い出されてしまう。そんな七海に、安室が月給100万円という好条件の住み込みのメイドの仕事を紹介する。そこで知り合った破天荒なメイド仲間の里中真白と意気投合した七海だったが、真白は体調がすぐれず日に日に痩せていく。そんなある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。(映画.comより



本当にシャワーを浴びてどうする!

岩井俊二監督作を観るのは
ものすごく久しぶりだなあと思ったら
12年ぶりの長編映画だった
『リップヴァンウィンクルの花嫁』
あいかわらずカメラはゆらゆらと揺れておりました。
「リップヴァンウィンクル」というのは
「アメリカ版浦島太郎」とも呼ばれる短編小説の主人公だそうで、
ほかにもガンダムや宮沢賢治からの引用がみられます。

理不尽に敏感なワタクシは
映画の中で登場人物が理不尽な目に遭っていると
もう、腹が立って腹が立ってしようがなくなるのですが、
(そのわりにはそういう作品をよく観ますが)
ミヒャエル・ハネケか、ラース・フォン・トリアーかよ!
というような前半が非常に胸くそ悪いのです。

派遣教員の七海(黒木華)
声が小さいことを理由にバカ生徒たちからいじめられ、
それを機に契約も解除されます。
出会い系サイトで出会った男と結婚するも
夫の浮気を疑うと、逆に自分が浮気を疑われ、
追い出されてしまうまでの展開が
もう本当に腹立たしい!
前半の箱庭的苦難の数々が
あらゆる既成概念から七海を解放し、
「真(っ)白」にするためのイニシエーション
だと
わかっちゃいるけど、ムカついてたまらん!

コンビニでバイトするときの伊達メガネにはじまり、
契約解除を寿退社にしてごまかしたり、
結婚式のプロ家族にいたるまで、
七海の生活は虚偽にあふれています。
SNSで「クラムボン」というハンドルネームを使うのも同様ですが、
じつは、ハンドルネームを名乗っているときのほうが
本音を語っているというねじれ。

そんなねじれを解消すべく(かどうかはわからないが)
現れたのが安室(綾野剛)
俳優もやっている「なんでも屋」だという安室は
七海の夫の母親(原日出子)からは
「別れさせ屋」を請け負っていると思われ、
天使でもあり、悪魔でもあるような超越的存在で
七海を導いているようにも、弄んでいるようにもみえます。
しかし、チョコのエピソードにあったように
じつは七海が自分から魔に近づいているのも事実。
とはいえ、夫の浮気相手の彼氏と名乗る男が
七海に迫ってきたとき、
安室から「シャワーを浴びているふりをしてください」と
言われて浴室に逃げ込んだ七海よ、
本当にシャワーを浴びてどうする!

後半、七海が真白(Cocco)と出会い、
真白が暮らす屋敷で月給100万円のメイドとして働くようになって
前半の胸くそ悪さが徐々に晴れてきました。
AV女優の真白は聖俗併せ持った存在。
真白のマネージャーを夏目ナナがつとめ、
同僚女優にも本物のAV女優を配置する徹底ぶりはさておき、
死期が近い真白と百合的な関係を築き始めた七海は
自己を解放していくようにみえました。
2016年11月に惜しまれながら亡くなった、
真白の母親役で登場するりりィ
クライマックスで強い印象を残しています。

七海がスカイプで家庭教師をしている少女との交流、
ラストの「ねこかむり」など
深読みできるところはほかにもありますが
このへんにして、
寓話的語り口や編集のテンポに
岩井俊二監督らしさを感じました。
しかし、3時間は長い。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
↑お気に召したらクリックしていただけますと、もんどりうって喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

初めまして

ブログ村のトラコミュからお邪魔致しました♪
先日、スカパーの放送で観たのですが・・
正直退屈してしまいました。
感想面白かったです!
また読ませて頂きたいな、と思っております♪

2017/04/06 (木) 18:34:03 | URL | kuri #gjDPR7gA [ 編集 ]

Re: 初めまして

> kuriさん
コメントありがとうございます!3時間は長かったですよね。
またのお越しをお待ちしております。

2017/04/06 (木) 18:50:03 | URL | のほうず #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

のほうず

のほうず
映画が好きで観るのはいいが、
かたっぱしから忘れていくので
オツムのリハビリ的ブログ。
******************
当ブログの文章・画像およびイラストの無断転載を禁じます。引用される場合は、出典の表記と当ブログへのリンクを設定してください。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お気に召したら
クリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

スポンサードリンク

↓過去の記事はこちらから!↓

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンタ